ヤコブ・ゲオルグ・アガード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヤコブ・ゲオルグ・アガード

ヤコブ・ゲオルグ・アガード(Jacob Georg Agardh、1813年2月8日 - 1901年1月17日)は、スウェーデン植物学者である。藻類(海草)の研究などで知られる。

略歴[編集]

ルンドで生まれた。父親は藻類の分類学研究で業績をあげた植物学者、カール・アドルフ・アガードである。1854年から1879年の間、ルンド大学の植物学の教授を務め、ルンド大学植物園(Botaniska trädgården Lund)の移転と拡張の計画を立案し、後に園長を務めた。1836年にドイツ科学アカデミーレオポルディーナの会員に選ばれた他、スウェーデン王立科学アカデミーなどスウェーデン国内の多くの学会の会員を務め、スウェーデンの国会の大学代表などの職務も務めた。

1879年にコペンハーゲン大学から名誉博士号を受け、1897年にロンドン・リンネ協会からリンネ・メダルを受賞した。紅藻、(スギノリ目)の海草の属名、Agardhiella(アガーディエラ属 )に献名されている。

著作[編集]

  • Jacob Georg Agardh: Theoria systematis plantarum; accedit familiarum phanerogamarum in series naturales dispositio, secundum structuræ normas et evolutionis gradus instituta. Lund, Schweden 1858.
  • Jacob Georg Agardh: Species, genera et ordines Algarum. 1848–1901.

著書"Florideernes morphologi"(1879)の図版[編集]

参考文献[編集]

J.Agardhは、植物の学名命名者を示す場合にヤコブ・ゲオルグ・アガードを示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)