ミシュリーヌ・ベルナルディーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミシュリーヌ・ベルナルディーニ
生誕 (1927-12-01) 1927年12月1日(92歳)
フランスの旗 フランスコルマール
国籍 フランスの旗 フランス
職業 ヌードダンサー、モデル

ミシュリーヌ・ベルナルディーニ(Micheline Bernardini、1927年12月1日 - )は、ルイ・レアールがデザインし、ビキニと名付けたツーピースの水着を発表した際に、モデルを務めたフランスの女性。カジノ・ド・パリ英語版ストリップ・ダンサーをしていたところ、レアールにモデルとして雇われた。

レアールのビキニ[編集]

デザイナーのルイ・レアールは、自身がデザインした肌の露出が大きいツーピースの水着を、ビキニ環礁における原子爆弾の爆発実験(クロスロード作戦)にちなんで「ビキニ」と名付けたが、着用してくれるファッション・モデルを見つけることができなかった。やむなく、当時18歳でカジノ・ド・パリのヌード・ダンサーだったベルナルディーニをモデルとして雇うことにした[1][2]。レアールがデザインした、Gストリングのツーピースの水着は、30平方インチ (194 cm2) の新聞様のプリントを施した布でできており、1946年7月5日に人気の高いパリの公営プール、ピシン・ モリトー英語版で開かれた記者会見で、「ビキニ」と称された。

ベルナルディーニを撮影した写真は、このイベントの報道記事とともに、メディアによって広く流布された。『インターナショナル・ヘラルド・トリビューン』は、このイベントを報じる記事を9本も掲載した[3]。このビキニは、特に男性たちに訴求するヒット商品となり、ベルナルディーニは5万通以上のファン・レターを受け取った[4]

後年[編集]

ベルナルディーニはその後、オーストラリアへ移り住み、メルボルンチボリ劇場英語版で働いた[5][6]。彼女はアメリカ人の兵士と結婚して、アメリカ合衆国に移り住み、1970年まで女優として働いた[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ Rosebush, Judson. “Michele Bernadini: The First Bikini”. Bikini Science. 2007年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年9月17日閲覧。
  2. ^ Mitchell, Emily. "The Bikini Turns 50" Time (July 1, 1996)
  3. ^ Mitchell, Claudia A.; Reid-Walsh, Jacqueline (2008). Girl Culture an Encyclopedia. Westport, Connecticut: Greenwood Press. p. 82. ISBN 0-313-08444-0. 
  4. ^ Bikini Introduced”. A&E Television Networks. 2008年9月17日閲覧。
  5. ^ McLeod, Alan Lindsey. R. G. Howarth, Australian man of letters, Sterling Publishers Pvt. Ltd, 2005, 1-932705-53-8. p.81
  6. ^ COLLECTION FINDING AID Tivoli Theatres (PDF)”. National Library of Australia. 2017年6月27日閲覧。

外部リンク[編集]