マージダ・エル・ルーミー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マージダ・エル・ルーミー(アラビア語: ماجدة الرومي、英語式 Majida el Roumi、フランス語式 Magida el Roumi、1956年12月13日-)はレバノン出身の女性歌手。マージダ・ルーミーとも。アラビア語フスハーではマージダ・ッルーミー。

メルキト・ギリシャ典礼カトリック信徒で音楽プロデューサーとして有名だった(ファイルーズなども指導した)父ハリーム・エル・ルーミーの長女としてベイルート南方のクファルシマに生まれる。

レバノン大学アラビア文学部卒業後、1977年にマロン派(マロン典礼カトリック教会)信徒の実業家と結婚(2006年に離婚)、さらに歌手としてデビューした。

力強いうたい方など歌唱力、アラブ古典からポップな曲まで幅広いレパートリーから、レバノンをはじめアラブ世界では、ファイルーズに次ぐ世代の歌手として大御所の地位を築く。最大のヒットアルバムは1991年のカリマート(Kalimat、英語版Words、言葉)。2006年ホセ・カレーラスとの共演で世界的に知られた。1990年代初頭に来日したこともある。

アラブ圏歌手としては珍しく大卒者で、哲学関係の書物を愛読するインテリでも知られる。現代アラブ詩人ニザール・カッバーニーとも親交があった。レバノン政治にも関心が強く、親西欧派の3月14日陣営を支持している。


ディスコグラフィー[編集]