マンドーラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マンドーラ
各言語での名称
Mandora
Mandora
Mandore
マンドーラ
マンドーラ
分類

リュート

マンドーラ (Mandora) は、リュート属の楽器。通常6コースの弦とやや長いネックを持ち、調弦は現代のクラシックギターと似る。別名ガリコン(Gallichon)、ガリゾーナ(Gallizona)、コラション(Colachon)、calchedonoとも。ソロの他に通奏低音にもよく用いられた(ゲオルク・フィリップ・テレマンが残した膨大な量のカンタータの多くにマンドーラが指定されている)。ヨハン・ゲオルク・アルブレヒツベルガージュゼッペ・アントニオ・ブレシャネッロなどがマンドーラのための作品を書いている。なおドイツでは1850年ごろから1920年ごろにかけてマンドーラの子孫にあたるリュートギター(英語:en:lute guitar,ドイツ語:de:Gitarrenlaute)と呼ばれる単弦6弦でギターと同じ調律をする楽器が作られた。

外部リンク[編集]