マンドリンの音の博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Map symbol (Museum) w.svg マンドリンの音の博物館
Mandolin Melodies Museum
Mandolin Museum Nagoya 20140517.JPG
マンドリンの音の博物館(2014年5月)
マンドリンの音の博物館の位置(愛知県内)
マンドリンの音の博物館
愛知県内の位置
マンドリンの音の博物館の位置(名古屋市内)
マンドリンの音の博物館
マンドリンの音の博物館 (名古屋市)
施設情報
専門分野 マンドリン
館長 南谷博一[1]
開館 1995年(平成7年)5月8日
所在地 466-0855
愛知県名古屋市昭和区川名本町6丁目38番地
位置 北緯35度8分59秒 東経136度56分46.03秒 / 北緯35.14972度 東経136.9461194度 / 35.14972; 136.9461194座標: 北緯35度8分59秒 東経136度56分46.03秒 / 北緯35.14972度 東経136.9461194度 / 35.14972; 136.9461194
外部リンク マンドリンの音の博物館
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

マンドリンの音の博物館(マンドリンのおとのはくぶつかん)は、愛知県名古屋市昭和区にある私設博物館楽器博物館)。

マンドリンを専門に扱う世界で唯一の博物館である[2]

概要[編集]

館長でマンドリン奏者の南谷博一が自身で経営していた薬局を改装し[2]1995年平成7年)5月8日に開館[3]。館内には南谷が収集した世界中のマンドリンのSPLPEPなどのレコードやCDのほか[4]イタリアのガエタノ・ヴィナッチャやR・マウリを始め、日本で初めてマンドリンを製造した鈴木政吉の初期のマンドリンなど貴重なマンドリンを20数台を展示している[5]

また、ここで展示されているレコードやCDは有料で試聴することもできる[4]

利用案内[編集]

  • 開館時間 : 10:00 - 17:00(入館は16:30まで)[6]
  • 休館日 : 毎週月曜日、毎月第1日曜日、年末年始、臨時休館日[6]
  • 入館料 : 24歳以上 700円、24歳未満 500円、小学生 80円[6]

交通アクセス[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ごあいさつ”. マンドリンの音の博物館. 2015年5月2日閲覧。
  2. ^ a b 荒俣宏監修 名古屋開府400年記念事業実行委員会『尾張名古屋大百科』135頁、ISBN 978-4835617619
  3. ^ マンドリンの音の博物館トップページより
  4. ^ a b c d マンドリンの音の博物館”. 名古屋観光情報 名古屋コンシェルジュ. 2015年5月2日閲覧。
  5. ^ マンドリンの名器”. マンドリンの音の博物館. 2015年5月2日閲覧。
  6. ^ a b c 「マンドリンの音の博物館」ご案内”. マンドリンの音の博物館. 2015年5月2日閲覧。

参考文献[編集]

  • 中日新聞本社社会部(日本語) 『ぶらり名古屋 歩楽八十八景』中日新聞本社、1998年11月9日。 

外部リンク[編集]