鈴木政吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鈴木政吉

鈴木 政吉(すずき まさきち、1859年12月11日安政6年11月18日) - 1944年昭和19年)1月31日)は、日本ヴァイオリン製作者で、鈴木バイオリン製造株式会社の創業者。

ヴァイオリン製作技術を独学で身に付け、1900年パリ万国博覧会の楽器部門で入賞した。才能教育法スズキ・メソードの創始者である鈴木鎮一は三男。

幼少時[編集]

鈴木政吉は、尾張藩の御手先同心・鈴木正春(1827年 - 1884年)とその妻・たにとの間に次男として生まれる。父の正春は名古屋で産まれ、同心株を買って武士となった人物で、母・たには神官の娘であった。同心で職芸を持っているものは届け出ることになっていたが、正春は三味線作りを内職としていた。政吉は一旦別家の養子となるが、10歳の折に養父が亡くなり、実家へ戻っている。1870年、政吉は藩の音楽隊太鼓役として年俸5両で出仕しているが、太鼓がラッパに変わったため失職した。藩から特待生に取り立てられ、藩立の洋学校に2年ばかり通学したが、制度が代わり学費の目途がなくなると退学した。父・正春の禄高は1875年当時、公債証書の一時支給として14か月分555円の公債が与えられ、正春はこれを元に琴三味線店を開いた。政吉は、1873年に従姉の嫁ぎ先である浅草並木町の塗物商に奉公に出たが酷使された。この店が閉店し、名古屋の両親のもとで、一人前の三味線職人となった[1]

ヴァイオリン製造を志す[編集]

1887年、政吉は愛知県尋常師範学校の音楽教師・恒川鐐之助(1867-1906)のもとで唱歌を習い始めた。一月ほど経った頃、政吉は門人仲間の甘利鉄吉が持っていた日本製ヴァイオリンを目にする。それは東京深川の松永定次郎が作ったものであった。ヴァイオリンを作ったら売れるという甘利の言葉を聞いて政吉は作る決心をしたが、実物のヴァイオリンは少しの時間しか貸してもらえず、木材も入手できず、苦労を重ねることとなった。第1号は1887年から1888年に製作したが売れず、2号を経て、3号は1号の二倍の音量を出せるほど進歩した。1888年、自作のヴァイオリンが恒川の門人に売れたことで、政吉は自信を持った[2]

東京音楽学校での楽器鑑定[編集]

1887年に発足した東京音楽学校のお雇い音楽教師ルードルフ・ディトリッヒ(1867-1919)は、鑑定の結果「東京市内にも2、3か所で製作しているが、この品には到底およばない。和製品としては今日第一位を占めるものである」と評価した。彼の推薦文はいくつかあるが、1893年の『音楽雑誌』にも掲載されたものには、輸入ヴァイオリンと同様の音質をもち、廉価であるとある。それでも、鈴木の自信を深めることになった。なお鈴木のヴァイオリンについては、その後も音楽学校教員のユンケル(1907年)、ドヴォラヴィッチ(1909年)、クローン(1913年)がそれぞれ推薦状を書いている。日本人としては幸田延安藤幸が推薦状を書いた[3]

本格生産開始と販路の確立[編集]

1885年、名古屋市門前町(現在の昭和区御器所町)の貸屋でヴァイオリン製造を始め、1889年には長男・梅雄が誕生する。同年には東京銀座の共益商社、大阪の三木佐助とも契約を結び販路を拡大した。1890年北側の家を300円を投じて購入、本格的な生産に入る。なお、政吉の弟子は7、8人いたが、いずれも彼の知人で、士族出身者であった。1888年にはオルガン製作を行っていた山葉寅楠ヤマハ創業者)と契約を結ぶ(その後も鈴木と山葉は交流を持った)。1889年にアメリカ視察旅行に出かけた山葉は鈴木のヴァイオリンを持参し、税関に保管されたりして、面倒をかけたという。なお、この旅行には政吉はいっていない[4]

第3回内国勧業博覧会・シカゴ・コロンブス博覧会[編集]

1890年、上野公園で行われた内国勧業博覧会では、ヴァイオリン部門は11名から出品があったが、鈴木は同部門最高賞の3等有功賞を得た。1893年にシカゴで行われた博覧会にも出品したが、ランク付けは行われず、単一ランクの褒章が与えられた[5]

政吉の書いたヴァイオリン教則本[編集]

日本で使われた初期のヴァイオリン教本はクリスチャン・ハインリッヒ・ホーマンの著であるが、その後、1891年に恒川の『ヴァイオリン教科書』が日本人の著書として初めて出版された。その後数種類の教科書が出たが、政吉も1902年に『ヴヮイオリン独習書』を発行している。「年のはじめのためしとて」、「君が代」、「埴生の宿」、「楽しき我が家」などが収録されている[6]

その後の博覧会での受賞[編集]

1895年、第4回内国勧業博覧会が京都岡崎公園で行われ、進歩3等賞に選ばれたが、その際、鈴木の作品は高価で、高くなければ1等賞でもいいというコメントがなされている。1900年のパリ万博ではモデルにするべきでないドイツ製品をモデルにしているという辛口のコメントを受け、選外佳作ということになった。99%の出品者に何らかの褒章が与えられたが、政吉は外国製品と変わらないという前向きのとらえ方をした。1903年の第5回内国勧業博覧会はヴァイオリン、ヴィオラチェロを出品し2等賞を得た。1904年米国セントルイスでの博覧会には、第5回内国勧業博覧会で1等賞を日本政府が許可したので、出品できなかった。1909年 シアトルで開かれたアラスカ・ユーコン万国博覧会では鈴木ヴァイオリンは金牌を受賞する。1906年にはマンドリン、1907年にはギターの製作を開始した。1910年に第10回関西府県連合共進会では、ヴィオラが1等賞、チェロとヴァイオリンが2等賞を得た。コメントに「機械力を応用して廉価に製造するがゆえに、今日これと拮抗するものは皆無なり。今回出品するものは僅か定価2円なり。音楽普及の良媒にて、山葉寅楠と共に好模範である」とある[7]

日英博覧会参加[編集]

1910年ロンドンで開かれた日英博覧会では、日英博覧会愛知出品同盟会常務委員を務めていた関係から訪欧した。審査の結果、日本楽器製造会社と鈴木政吉が名誉大賞を得た。すでに有名であった山田耕筰が、政吉をおじということにして、フランスのヴァイオリン製造工場を見学させたというエピソードがある。この際、毛を晒す方法がわかったそうである。これを機に、その後も山田との交流が続いている[8]

輸出と大量生産[編集]

明治30年代にヴァイオリンの国内市場のシェアを8割に拡大した政吉は、海外進出を模索するようになった。その先達となったのは山葉寅楠である。1906年に行われた奉天商品展覧会にも出品した。1909年の雑誌『音楽界』によると、ヴァイオリンは元々ドイツより供給されてきたが、目下輸入価格の3分の一は日本の供給する所となり、実際日本は学校用楽器供給の実権を握れり」とある。大正7年には政吉は渦巻き形削成機を特許出願している。その後大小10種の特殊機械を発明した。明治末年鈴木バイオリンの製造は年間7304本という記録がある[9]

新しい楽器[編集]

[10] 不況と流行の変化があり、日本ではバイオリン離れもあり、政吉は様々な努力を払ったが、新しい楽器を作ったこともある。マンドレーラは三味線に代わる家庭楽器で、1928年の案内書では、マンドリンと三味線というコラボレーションというコンセプトであり、宮城道雄先生ご推薦と宣伝にある。ヤマト・ピアノは琴をモダンにしたもので、定価六十円。しかし、これらは売れなかった。

経営悪化とその後[編集]

[11] 昭和に入ってバイオリンの生産の状況は厳しくなった。鈴木バイオリンを主体とする愛知県の生産は大正末年の6万個、26万2000円から1928年には3万4000個、11万2000円と落ち込み、さらに1930年には1万300個、65000円と激減した。1930年には、株式会社に改組し、鈴木バイオリン製造株式会社とし、本社は名古屋市松山町に置いた。1932年に不渡りで倒産に追い込まれた。営業不振がその主因であるが、土地・建物の暴落、1931年の頼みの明治銀行の倒産もある。人員整理も行った。破産後梅雄が陣頭指揮を執った。約半年で会社債務を完済した。政吉は自ら社長の職を退き、1934年下出義雄(しもいでよしお)を社長に迎えた。下出は名古屋の企業家で、のち政治家、衆議院議員になったが、戦後、公職追放になった。会社の倒産後、政吉は妻とともに東京都北区滝野川の借家に居を移したが、1934年大府町の工場の隣接地に移り住む。そこで亡くなるまで10年間、楽器の研究に打ち込んだ。

皇室と政吉[編集]

年譜によると1913年に工場に勅使御差遣の栄誉とあり、また、1927年に昭和天皇に単独拝謁とある。 皇太子殿下は政吉1926年製のバイオリン故高松宮宣仁親王から直接贈られたという。本の著者井上さつきが皇太子殿下のご厚意でそのバイオリンを拝見する機会があり、政吉円熟期の作品と記載している。当時拝観したバイオリン製作家の松下敏幸も後に同意見であった[12]

家族[編集]

政吉は子沢山で、二人の妻(乃婦 結婚1887-1947没)(良 -1928没)との間に九男(うち、七男と八男は夭折)四女をもうけた。長男・梅雄は高等小学校卒業後、13歳にして直ちに父の工場に入り、次男・六三郎も父の工場に入った。三男・鈴木鎮一は良の子供で、名古屋市立商業学校卒業後工場に入ったが、プロのヴァイオリニストの道を歩み、ドイツで勉強し、父のヴァイオリン製作にも大きな影響を与えた。慎一は1955年10月18日、政吉の胸像除幕式でヴァイオリンを弾いたが、その写真が残されている[13]。富士弦楽器社の社長である山田健三は甥[14]シンガーソングライタータケカワユキヒデは玄孫[15]

年譜[編集]

  • 1859年 - 尾張藩の下級武士の2男に生まれる。
  • 1870年 - 尾張藩の太鼓役となるも半年で失職。藩の洋学校に入学。
  • 1872年 - 洋学校を退学。
  • 1873年 - 江戸で丁稚奉公。
  • 1875年 - 奉公先の主人が亡くなり帰郷。家業(三味線製作)に従事。
  • 1884年 - 父・正春が死亡。
  • 1887年 - 小学校の唱歌教師を志し、習いに通う。同門の和製バイオリンを見て一晩借用し、作り始める。近藤之婦と結婚。
  • 1888年 - 第1号完成。ぼつぼつ注文がくるも、舶来と比較して、雲泥の差があり、ショックを受ける。
  • 1889年 - 楽器をもって上京。東京音楽学校でディトリッヒに試弾してもらい、好評を得る。銀座の商社と取引開始。長男梅雄誕生。
  • 1890年 - 作業場を拡大する。第3回内国勧業博覧会でヴァイオリン最高位の3等有功賞を得る。
  • 1893年 - アメリカのシカゴ・コロンブス万国博覧会で褒章受章。
  • 1895年 - 第4回内国勧業博覧会で進歩3等賞授賞。
  • 1900年 - パリ万国博覧会で褒章受章。バイオリンの渦巻きの部分を作る機械を発明する。
  • 1903年 - 第5回内国勧業博覧会で2等賞授賞。
  • 1905年 - 工場新設。
  • 1906年 - マンドリンを作り始める。
  • 1907年 - ギターを作り始める。名古屋市議会議員。
  • 1910年 - ロンドンで開かれた日英博覧会にバイオリンを出品。名誉大賞を受賞。
  • 1911年 - 関西府県連合共進会で、ヴィオラ、チェロ、マンドリン、コントラバスで授賞。
  • 1913年 - 勅使御差遣の栄。ギターの製作開始。
  • 1915年 - 東京大正博覧会で金牌授賞。パナマ太平洋国際博覧会(サンフランシスコ)で金賞受賞。
  • 1917年 - 緑綬褒章を受ける。
  • 1922年 - 平和祈念東京博覧会で名誉賞受賞。
  • 1923年 - 名バイオリニスト、クライスラー名古屋に来る。
  • 1925年 - 紺綬褒章を受章。
  • 1926年 - 米国独立150年万国博覧会(フィラデルフィア)で金牌授賞。名古屋商工会議所商業部長に就任。
  • 1927年 - 名古屋離宮にて昭和天皇と単独拝謁。
  • 1930年 - 個人経営を廃し、株式会社鈴木バイオリン製造に組織を変える。
  • 1932年 - 会社経営が行き詰まり、和議申請。東京滝野川の借家に移る。
  • 1933年 - 和議認可。
  • 1934年 - 社長の職を退き、下出義雄が社長。
  • 1937年 - 名古屋汎太平洋平和博覧会にて政吉製作のバイオリンが金牌授賞。
  • 1941年 - 下出社長辞任。梅雄社長就任。
  • 1944年1月13日 - 大府町名高山にて、肺炎で死亡。死去の3日前までバイオリン製造に没頭していた。

参考文献[編集]

関連作品[編集]

テレビドラマ

脚注[編集]

  1. ^ 井上[2014:20-29]
  2. ^ 井上[2014:33-43]
  3. ^ 井上[2014:48-57]
  4. ^ 井上[2014:57-65]
  5. ^ 井上[2014:65-72]
  6. ^ 井上[2014:80-83]
  7. ^ 井上[2014:86-92]
  8. ^ 井上[2014:98-103]
  9. ^ 井上[2014:105-113]
  10. ^ 井上[2014:255-261]
  11. ^ 井上[2014:277-300]
  12. ^ 井上[2014:318-319]
  13. ^ 井上[2014:316]
  14. ^ “ヴァイオリン製作者・山田健三(要調査) - チュエボーなチューボーのクラシック中ブログ” (日本語). ヴァイオリン製作者・山田健三(要調査) - チュエボーなチューボーのクラシック中ブログ. https://blog.goo.ne.jp/hirochan1990/e/28f2c7949c95a9824495089c4b25a883 2018年6月12日閲覧。 
  15. ^ 2016年2月12日12:00のTweet タケカワユキヒデ スタッフ(@takekawa_staff)
  16. ^ 武田真治 会見であの不倫騒動いじる”. デイリースポーツ (2016年1月29日). 2016年1月29日閲覧。

外部リンク[編集]