マンダレー航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マンダレー航空
Air Mandalay
AML Logo.png
IATA
6T
ICAO
LMT
コールサイン
SIX TANGO
設立 1994年
拠点空港 ヤンゴン国際空港
保有機材数 2機(6機発注中)
就航地 10都市
本拠地 ミャンマー ヤンゴン
代表者 Eric Kang Tian Lye
テンプレートを表示
ヤンゴン国際空港のマンダレー航空ATR42

マンダレー航空 (Air Mandalay) は、ミャンマーの民間航空会社。コールサインの "Six Tango" は、同社のIATA2レターコード "6T"のフォネティックコードそのままである。

2014年12月31日から運航停止中だったが、2015年4月19日よりヤンゴン - シットウェ間で暫定運航を再開。同年5月1日より本格的な運航再開に至っている[1]。 しかし2018年9月4日、再び定期便とチャーター便の運行を休止すると発表。

就航都市[編集]

ミャンマーの旗 ミャンマー

保有機材[編集]

運航機材[編集]

発注機材[編集]

  • MRJ90:6機発注中・4機オプション[3]

過去の運航機材[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]