マロシュ・シェフチョビッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • マロシュ・シェフチョビッチ
マロシュ・シェフチョビッチ
Maroš Šefčovič
Maroš Šefčovič.jpg
生年月日 (1966-07-24) 1966年7月24日(53歳)
出生地 チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア ブラチスラヴァ
出身校 ブラチスラヴァ経済大学
モスクワ国際関係大学
フーバー研究所
アリアンス・フランセーズ
ザルツブルク・グローバルセミナー
コメニウス大学
所属政党 方向・社会民主主義
テンプレートを表示

マロシュ・シェフチョビッチスロバキア語: Maroš Šefčovič1966年7月24日 - )は、スロバキアの外交官。欧州委員会副委員長兼エネルギー同盟担当委員。

2004年に駐イスラエル大使に着任後、2009年に欧州委員会に転出した。当初はヤーン・フィゲリュの後任として教育・職業訓練・文化・青少年担当委員を務めた。その翌年に機構間関係・行政担当委員に横滑りし、欧州委員会の運営や行政改革に伴う統合、人事、ヨーロピアン・スクールや保安などを管轄した。2014年に副委員長に昇格するとともに、エネルギー同盟担当委員に就いた。

2019年大統領選挙英語版に与党系候補として出馬し、3月16日の第1回目投票では得票率18.7%で2位となり、得票率40.6%で1位となった弁護士で環境活動家のズザナ・チャプトヴァーと共に同月30日の決選投票に進んだ[1][2]

出典[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
ヤーン・フィゲリュ
欧州委員会 スロバキア選出委員
2009年 – 現在
現職
欧州委員会 教育・職業訓練・文化・青少年担当委員
2009年 – 2010年
次代:
アンドゥルラ・バシリウ
(教育・文化・多言語主義・青少年担当)
先代:
マルゴット・ヴァルストレム
(機構間関係・コミュニケーション戦略担当)
欧州委員会 機構間関係・行政担当委員
2010年 – 2014年
次代:
フランス・ティンメルマンス
(より良い規制・機構間関係・法の支配・基本権憲章担当)
先代:
シーム・カラス
(総務・監査・不正防止担当)
先代:
ギュンター・エッティンガー
(エネルギー担当)
欧州委員会 エネルギー同盟担当委員
2014年 -
現職