マルセル・トルコフスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マルセル・トルコフスキー
生誕 (1898-12-25) 1898年12月25日
ベルギーの旗 ベルギー • アントワープ
死没 (1991-02-10) 1991年2月10日(92歳没)
ニューヨーク
職業 数学者・宝石職人
著名な実績 宝石学において、革新的なダイヤモンドカット英語版を考案した。

マルセル・トルコフスキー(Marcel Tolkowsky)は、ベルギー数学者宝石職人である。

ベルギーのダイヤモンド加工業の名門トルコフスキー家の一員。

1919年ダイヤモンド反射屈折率といった光学的特性を数学的に考慮して、最も美しく輝く型を理論的に見いだし発表された「アイディアルラウンドブリリアントカット」は、それまで大きさが重視されていたダイヤモンドに輝きという価値を加えた。(著書「DIAMOND DESIGN」)

マルセルが導き出したこの輝きの方程式は、今や9割を超えるダイヤモンドカットのルーツになっており、およそ100年経つ今もなおこれを超えるカットは未だ開発されていない。[1]

著作[編集]

  • Tolkowsky, Marcel (1919) (英語). Diamond design: a study of the reflection and refraction of light in a diamond. London: spon. OCLC 902308962 

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ The History Of Marcel Tolkowsky”. Cape Town Diamond Museum. 2019年4月28日閲覧。