マリーア・クレメンティーナ・ダズブルゴ=ロレーナ (1798-1881)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マリーア・クレメンティーナ・ダズブルゴ=ロレーナ
Maria Clementina d'Asburgo-Lorena
Maria Clementine Austria Salerno 1798 1881.jpg
オーストリア大公女・サレルノ公爵夫人マリーア・クレメンティーナ
出生 (1798-03-01) 1798年3月1日
オーストリア帝国の旗 ハプスブルク帝国ウィーン
死去 (1881-09-03) 1881年9月3日(83歳没)
フランスの旗 フランス共和国シャンティイ城
配偶者 サレルノレオポルド
子女 マリーア・カロリーナ
父親 オーストリア皇帝フランツ2世(1世)
母親 マリア・テレジア・フォン・ネアペル=ジツィーリエン
テンプレートを表示

マリーア・クレメンティーナ・ダズブルゴ=ロレーナイタリア語Maria Clementina d'Asburgo-Lorena, 1798年3月1日 - 1881年9月3日)は、両シチリア王子・サレルノレオポルドの妃。

生涯[編集]

神聖ローマ皇帝フランツ2世(のちのオーストリア皇帝フランツ1世)とその皇后マリア・テレジアの五女として、ウィーンで生まれた。ドイツ語名はマリア・クレメンティーネ・フォン・ハプスブルク=ロートリンゲン(Maria Klementine von Habsburg-Lothringen)。パルマ女公マリア・ルイーザ、オーストリア皇帝フェルディナンド1世ブラジル皇后マリア・レオポルディナの妹にあたる。

1816年、母の実弟で8歳しか年齢が違わない叔父にあたるレオポルド王子と結婚、4子をもうけるが、成人したのはマリーア・カロリーナただ一人であった。マリーア・カロリーナはフランス王子でオマール公アンリと結婚した。1851年にレオポルドと死別後、マリーア・クレメンティーナは娘夫婦の元に身を寄せた。

1869年にマリーア・カロリーナが死去。その後も義理の息子アンリと暮らし、1881年にシャンティイ城で死去した。