マリナー1号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マリナー1号 Mariner 1
Atlas Agena with Mariner 1.jpg
マリナー1号の打ち上げ
所属 アメリカ航空宇宙局(NASA)
目的 金星の探査。
観測対象 金星
打上げ機 アトラス・アジェナ B
打上げ日時 1962年7月22日
消滅日時 1962年7月22日
打ち上げから293秒後

マリナー1号(マリナー1ごう、Mariner 1)は、アメリカ初の惑星探査機である。1962年7月22日に打ち上げられたが打ち上げ293秒後、飛行ソフトウェアのバグが原因で打ち上げ失敗、ロケットは指令破壊され爆発、本機(の残骸)は大西洋に落下したとされている。

関連項目[ソースを編集]

  • 金星探査
  • FORTRAN 77の言語仕様#言語仕様と宇宙開発にまつわるエピソード の節に、しばしば本機の失敗と混同して語られる、もう一件の失敗の件(マーキュリー宇宙船のシミュレーション中に発覚したバグで、そちらは言語仕様が原因。マリナー1号のほうは俗に "missing hyphen" と言われている(正確には、欠けていたのはハイフンではなくオーバーライン)、仕様の伝達ミスで言語仕様には関係ない)について詳しい説明がある。