マリナー5号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Mariner 05.PNG
概要
名称 マリナー5号
アメリカ合衆国
目的 金星における磁場、荷電粒子、プラズマ、電磁波および金星大気の観測
重量 244.9 kg
運用機関 JPL - NASA
打ち上げ機材 アトラスロケット
打ち上げ日時 1967年6月14日UTC
打ち上げ場所 ケープ・カナヴェラル空軍基地 12番発射台
観測機器
  1. 電波受信機
  2. 磁力計
  3. プラズマ測定器

マリナー5号(マリナー5ごう、Mariner 5)はアメリカ航空宇宙局が打ち上げた惑星探査機マリナー計画の一環であり、金星探査を目的としていた。

マリナー5号は火星探査機マリナー4号のバックアップとして組み立てられた。マリナー4号の火星探査が成功したために、金星探査機として転用されることとなった。金星探査機への転用にあたっては、太陽電池パネルの縮小、熱遮蔽版の取り付けが行われている。

現地時間の1967年6月14日に打ち上げられた。金星には10月19日に最接近をしており、高度4,000kmまで近づいている。マリナー2号よりも金星に接近したことによって、詳細な観測を行なえた。ただし、周回軌道には入らず、フライバイしている。

マリナー5号による電波観測は、10月18日に金星に着地していたベネラ4号の観測を支援する形となった。それらの観測により、金星大気は予想よりも高温・高圧であることが判明した。

なお、マリナー5号の運用は1967年11月で終了している。