マリナー2号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マリナー2号 Mariner 2
Mariner 2.jpg
マリナー2号
所属 アメリカ航空宇宙局 (NASA)
国際標識番号 1962-041A
カタログ番号 00374
目的 金星探査
観測対象 金星
打上げ機 アトラス・アジェナ B
打上げ日時 1962年8月27日
最接近日 1962年12月14日
通信途絶日 1963年1月3日
質量 202.8kg
テンプレートを表示
マリナー2号の打ち上げ

マリナー2号(マリナー2ごう、Mariner 2)はアメリカ航空宇宙局 (NASA) のマリナー計画の金星探査機である。マリナー1号の予備機として用意されていたが、マリナー1号の失敗によりレインジャー計画金星用の改良を加え36日後に打ち上げられることになり、アメリカ初の成功した惑星探査機となった[1]。3か月半の飛行を経て金星上空を通過しミッションを完了、世界初のフライバイ(惑星への接近飛行)に成功した。 1962年8月27日打ち上げ、12月14日に金星から35,000kmの地点を通過しユージン・ニューマン・パーカーによって4年前に予言されていた[2]太陽風[3]、金星表面の温度が[4]高温であることを観測した[5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]