マリカ・アヤン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マリカ・アヤン
Malika Ayane 2.jpg
セスト・フィオレンティーノにあるヴィラ・ソラリアで公演を行うマリカ
基本情報
生誕 (1984-01-31) 1984年1月31日(34歳)
出身地 イタリアの旗 イタリア ミラノ
ジャンル ポップ・ロック
職業 音楽家
担当楽器
活動期間 2007年 -
レーベル Sugar Music
公式サイト [1]

マリカ・アヤンイタリア語: Malika Ayaneイタリア語発音: [maˌliːka aˈjan] マリーカ・アヤン、1984年1月31日-)はイタリアミラノ出身のポップシンガーである。マリカ・アヤネとも表記される。

生い立ち[編集]

マリカ・アヤンは1984年1月31日イタリアミラノで、モロッコ出身の父アフメドとイタリア人の母の間に生まれた[1][2]。アヤンはミラノの中でも多民族が暮らす地域であるミラノ2区英語版で育った[3]。1995年、マリカはミラノにあるスカラ座の合唱団に入団、7年間に渡り活動していた[4]。その後、アヤンはジュゼッペ・ヴェルディ音楽院チェロの勉強を始め、2001年に卒業した[5][6]

キャリア[編集]

2005年、マリカはYomoのCMのためのジングルとして「虹の彼方に」をカヴァーした。

2006年、フェルディナンド・アルノ英語版はDTCの広報キャンペーンでマリカの「Time Thief」を仕様、2007年にはSaabのスポットCMでマリカの「Soul Waver」を使用した。

2007年、マリカはカテリーナ・カゼッリに出会い、初のアルバムである「Malika Ayane」を2008年9月に発売した。アルバムの最初のシングルである「Feeling Better」はいくつかのコマーシャルや映画の予告編などで使用され、イタリアで有名となった。(イタリア語版ウィキペディアの項目を参照のこと。)

2009年、アルバム「Malika Ayane」に収録されていた曲、「Il giardino dei salici」がバリラのコマーシャルソングに起用された。同じ年、マリカは第59回サンレモ音楽祭に参加、バンドネグラマーロ英語版の歌手であるジュリアーノ・サンジョルジ英語版が作曲した曲「Come foglie」を披露した。この曲はイタリアのヒットチャートで2位にランクインした。

タレントショー「Amici di Maria De Filippi」の第八回大会の出場者であるヴァレリオ・スカヌ英語版に対し、マリカは「Dopo Di Me」という楽曲を提供、イタリアのヒットチャートで9位にランクインした。

2009年4月、マリカはAbruzzoに学校を再建するための資金を獲得するため、「Domani 21-04-09」という楽曲の制作に他のイタリア人歌手とともに参加した。2010年、マリカはイタリアの一流ソングコンテストであるサンレモ音楽祭の第60回大会に出場、「Ricomincio da qui」という楽曲でミア・マルティーニ批評家賞を獲得した。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

最高順位と売上認定
題名 詳細 最高順位 売上認定
ITA
[7]
Malika Ayane 9
Grovigli
  • 発売: 2010年2月19日
  • レーベル: Sugar Music
  • 形式: CD、ダウンロード
2
  • FIMI: プラチナ[8]
Ricreazione
  • 発売: 2012年9月18日
  • レーベル: Sugar Music
  • 形式: CD、ダウンロード
2
  • FIMI: ゴールド[9]

シングル[編集]

題名 順位 売上認定 収録アルバム
ITA
[10]
"Soul Waver" / "Sospesa" (feat. Pacifico) 2008 Malika Ayane
"Feeling Better" 6
"Come foglie" 2009 2
  • FIMI: プラチナ[11]
"Contro vento"
"La prima cosa bella" 2010 5
  • FIMI: ゴールド[11]
Grovigli
"Ricomincio da qui" 2
  • FIMI: プラチナ[11]
"Satisfy My Soul"
"Thoughts and Clouds"
"Il giorno in più" 2011
"Tre cose" 2012 13
  • FIMI: プラチナ[12]
Ricreazione
"Il tempo non inganna"
"E se poi" 2013 8
  • FIMI: ゴールド[11]
"Niente"
"Cosa hai messo nel caffè?"
"—" チャートに入っていないシングル

楽曲に参加したシングル[編集]

題名 順位 売上認定 収録アルバム
ITA
[13]
"Domani 21/04.09"[14]
(Artisti Uniti per l'Abruzzo)
2009 1
  • FIMI: 2× プラチナ[15]
チャリティー・シングル
"Verrà l'estate"[16]
(Pacifico feat. Malika Ayane)
Dentro ogni casa
"Hello!"[17]
(Cesare Cremonini feat. Malika Ayane)
2010 7
  • FIMI: ゴールド[11]
1999-2010 The Greatest Hits
"L'unica cosa che resta"[18]
(Pacifico feat. Malika Ayane)
2012 Una voce non basta
"—" チャートに入っていないシングル

その他[編集]

ソロ以外の楽曲の題名と発売年、アルバム名
楽曲 アルバム
"Blue Christmas"[19]
(Andrea Bocelli feat. Malika Ayane)
2009 My Christmas
"Ragazza del '95"[20]
(Francesco De Gregori feat. Malika Ayane)
2012 Sulla strada
"Omero al Cantagiro"[20]
(Francesco De Gregori feat. Malika Ayane)
"Quella giusta per te"[21]
(Stylophonic feat. Malika Ayane & Dargen D'Amico)
2013 Boom!

ミュージックビデオ[編集]

ミュージックビデオ、登場年とディレクター
題名 ディレクター
"Sospesa" (with Pacifico)[22] 2008 Paolo Rambaldi, Roberto Battaglia
"Feeling Better"[23] Marco Gentile
"Come foglie"[24] 2009 Federico Brugia
"Contro vento"[25]
"Domani 21/04.09" (Artisti Uniti per l'Abruzzo)[26] Ambrogio Lo Giudice
"Verrà l'estate" (with Pacifico) N/A
"La prima cosa bella"[27] 2010 Simone Manetti
"Ricomincio da qui"[28] Federico Brugia
"Satisfy My Soul" N/A
"Thoughts and Clouds"[29] Federico Brugia
"Il giorno in più"[30] 2011
"Tre cose"[31] 2012
"Il tempo non inganna"[32]
"E se poi"[33] 2013
"Niente"[34]
"Cosa hai messo nel caffè?"[35]

賞とノミネート[編集]

ノミネート 作品 結果
2010 TRL Awards First Lady[36] マリカ・アヤン 受賞
2010 Premio Videoclip Italiano 最優秀ミュージックビデオ女性部門[37] "Ricomincio da qui" ノミネート
2010 Premio Tenco Best Interpreter[38] Grovigli ノミネート
2010 MTVヨーロッパ・ミュージック・アワード 最優秀イタリア人演技賞[39] マリカ・アヤン ノミネート
2010 Premio Videoclip Roma Special Award "Cinema Meets Music"[40] "La prima cosa bella" 受賞
2011 TRL Awards Best Look[41] マリカ・アヤン ノミネート
Italians Do It Better[41] マリカ・アヤン ノミネート
2012 ナストロ・ダルジェント賞 Best Original Song "Something Is Changing"[42] ノミネート
2013 "Grovigli"[43] ノミネート
Lunezia Award Lunezia for Sanremo Award[44] "E se poi" 受賞

脚注[編集]

  1. ^ Sandra Cesarale (2009年1月8日). “Doppia Malika” (イタリア語). Corriere della Sera. 2014年1月4日閲覧。
  2. ^ Maurizio Amore (2003年1月15日). “Sanremo 2013 - Artisti in gara big - Malika Ayane” (イタリア語). La Stampa. 2013年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月4日閲覧。
  3. ^ Andrea Laffranchi (2010年2月19日). “L'italo-marocchina di via Padova: Orgogliosa di essere meticcia” (イタリア語). Corriere della Sera. 2014年1月4日閲覧。
  4. ^ Carlo Moretti (2010年7月4日). “Malika Ayane” (イタリア語). 2014年1月4日閲覧。
  5. ^ Ayane, Malika” (イタリア語). Enciclopedia Italiana. 2014年1月4日閲覧。
  6. ^ Marco Mangiarotti (2012年12月2日). “Festa per Malika Ayane agli Arcimboldi e al Blue Note”. Il Giorno. 2014年1月4日閲覧。
  7. ^ Italian Charts - Malika Ayane - Albums”. Italiancharts.com. 2012年9月1日閲覧。
  8. ^ a b Certificazioni album fisici e digitali (PDF)” (Italian). イタリア音楽産業協会. 2012年9月1日閲覧。
  9. ^ Certificazione Album fisici e digitali settimana 10 del 2013 (PDF)” (イタリア語). イタリア音楽産業協会. 2013年3月23日閲覧。
  10. ^ イタリア音楽産業協会の音楽配信ランキングの最高順位。
  11. ^ a b c d e Certificazioni Singoli Digitali (PDF)” (イタリア語). イタリア音楽産業協会. 2012年9月1日閲覧。
  12. ^ Certificazioni - Archivio” (イタリア語). イタリア音楽産業協会. 2014年1月4日閲覧。 Select Online, Week 26, Year 2013, then press Avvia la ricerca.
  13. ^ イタリアのシングルチャートにランクインしたシングル:
  14. ^ Jovanotti &Friends, uniti per l'Aquila. Puntiamo a vendere 1 milione di cd”. La Stampa (2009年5月5日). 2014年1月4日閲覧。
  15. ^ Awards 2010 (PDF)” (イタリア語). イタリア音楽産業協会. 2012年7月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月8日閲覧。
  16. ^ Pacifico in tour al Paolo Pini” (イタリア語). Corriere della Sera (2009年6月25日). 2014年1月4日閲覧。
  17. ^ Alessandro Alicandri (2010年10月1日). “Hello Cesare Cremonini (con Malika)! Il difficile confronto con Mondo” (イタリア語). Panorama. 2014年1月4日閲覧。
  18. ^ Pacifico, nell'album Bersani, Bianconi e altri: Francesco è stata la scintilla”. Rockol.it (2012年3月14日). 2014年1月4日閲覧。
  19. ^ My Christmas di Andrea Bocelli” (イタリア語). RAI (2009年11月20日). 2012年9月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月4日閲覧。
  20. ^ a b Gabriele Ferraris (2012年11月15日). “De Gregori: Sulla strada mi sento musicista” (イタリア語). La Stampa. 2014年1月4日閲覧。
  21. ^ Anche Ra, Malika e Pau dei Negrita in Boom! di Stylophonic” (イタリア語). Radio Italia Solo Musica Italiana (2013年9月19日). 2013年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月4日閲覧。
  22. ^ Malika Ayane + Pacifico - Sospesa” (イタリア語). Sugar Music. 2008年7月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月4日閲覧。
  23. ^ 9-Agency - Mario Chiarello Ciardo & Luca Esposito (PDF)”. 9-Agency.com. 2012年8月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月4日閲覧。
  24. ^ Andrea Conti (2009年2月27日). “Malika un video tutto di corsa” (イタリア語). TGCOM. Mediaset. 2014年1月4日閲覧。
  25. ^ Malika Ayane diventa attrice per il cortometraggio Perfetta” (イタリア語). Sonorika.com (2011年7月22日). 2014年1月4日閲覧。
  26. ^ Rita Celi (2009年5月5日). “La musica italiana per l'Abruzzo 56 artisti cantano per ricostruire”. la Repubblica. 2012年8月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月4日閲覧。
  27. ^ Malika Ayane, La prima cosa bella” (イタリア語). Sugar Music. 2012年8月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月4日閲覧。
  28. ^ Malika Ayane fra Thoughts and Clouds” (イタリア語). Excite.it (2010年10月11日). 2014年1月4日閲覧。
  29. ^ Thoughts And Clouds” (イタリア語). MTV Italy (2010年10月8日). 2014年1月4日閲覧。
  30. ^ Malika Ayane - Il giorno in più” (イタリア語). Excite.it. 2012年9月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月4日閲覧。
  31. ^ Malika Ayane: Casalinga disperata nel video di tre cose”. Radio Italia Solo Musica Italiana (2012年7月31日). 2012年9月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月4日閲覧。
  32. ^ Roberta Balzotti. “Malika, undici mesi di cambiamenti” (イタリア語). Televideo. RAI. 2012年11月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月4日閲覧。
  33. ^ Alessio Pompanin (2013年3月7日). “L’Alta Badia fa da sfondo al video di Malika Ayane” (イタリア語). Gelocali.it. 2013年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月4日閲覧。
  34. ^ Andrea Conti (2013年2月8日). “Malika: Vado a Sanremo e faccio gli scongiuri” (イタリア語). TGCOM. Mediaset. 2013年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月4日閲覧。
  35. ^ Anteprima: Malika Ayane. Cosa hai messo nel caffè” (Italian). Corriere della Sera. 2013年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月4日閲覧。
  36. ^ Malika Ayane e Mengoni vincono i Trl Awards 2010” (イタリア語). Corriere della Sera. p. 45 (2010年5月9日). 2014年1月4日閲覧。
  37. ^ Premio Videoclip Italiano 2010: continuano le votazioni” (Italian). Rockol.it (2010年10月11日). 2014年1月4日閲覧。
  38. ^ Premio Tenco 2010: vincono la Consoli, Avion Travel, Voltarelli e Sidoti”. Rockol.it (2010年9月28日). 2014年1月4日閲覧。
  39. ^ A Mengoni il Best Italian Act”. La Stampa (2010年10月18日). 2014年1月4日閲覧。
  40. ^ Alessia Grasso (2010年12月8日). “Roma Videoclip 2010” (Italian). Marte Magazine. 2012年9月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月1日閲覧。
  41. ^ a b Ecco tutte le nomination dei TRL Awards 2011” (イタリア語). Melodicamente.it (2011年3月3日). 2014年1月4日閲覧。
  42. ^ Testa a testa fra Giordana e Ozpetek ai Nastri d'Argento 2012” (イタリア語). Il Velino (2012年6月4日). 2012年9月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月4日閲覧。
  43. ^ Cinema: Nastri d'Argento, tutte le candidature” (イタリア語). ASCA (2013年5月30日). 2013年6月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月4日閲覧。
  44. ^ E se poi: Malika vince il Lunezia con il brano di Sangiorgi” (イタリア語). Radio Italia Solo Musica Italiana. 2014年1月4日閲覧。

外部リンク[編集]