マトベイ・ブロンスタイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Matvei Petrovich Bronstein

マトヴェイ・ペトロヴィチ・ブロンスタイン(Matvei Petrovich Bronstein、1906年12月2日 - 1938年2月18日)は、ソビエト連邦量子重力理論物理学者ヨシフ・スターリン大粛清により処刑された[1]

人物・生涯[編集]

1906年にロシア帝国ポドリエ県ロシア語版ウクライナ語版英語版[2]ヴィーンヌィツャ[3]に生まれる。

1930年にレニングラード大学物理学科を卒業。相対性理論の研究と共に、子供向けの物理学の解説書も執筆した。

大粛清が始まっていた1937年8月、ブロンスタインはキエフの両親の家で逮捕され、レニングラードへ連行された。翌1938年2月3日にスターリン、クリメント・ヴォロシーロフヴャチェスラフ・モロトフラーザリ・カガノーヴィチが承認・署名した"レニングラード地域"の囚人の処刑命令書にブロンスタインも含まれていた。彼は2月18日に有罪判決を受け、レニングラードの刑務所でその日のうちに処刑された。彼の妻は、通信の権利のない10年間の労働刑に処せられた、という虚偽の通告を当局から受け取ったが、翌1940年に処刑されたことを伝えられた。

1957年に名誉回復されたのに伴い、著作が復刻された。

家族[編集]

関連文献[編集]

  • Gennady, Gorelik (1994) (English). Matvei Petrovich Bronstein and Soviet Theoretical Physics in the Thirties. Birkhäuser. ISBN 3034801998. 

脚注[編集]

  1. ^ NHK ★粛清の時代の天才たち★
  2. ^ ロシア帝国の県の一覧」のロシア語からのカタカナ表現による。ウクライナ語、ポーランド語、英語、それぞれからの表記、表記ゆれがあることに留意。歴史的にはポジーリャにほぼ一致する。
  3. ^ 後のウクライナの中西部に位置するヴィーンヌィツャ州の都市

関連項目 [編集]