マッキ M.39

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マッキ M.39

マッキ M.39 は、シュナイダー・トロフィー・レース専用機として1926年イタリアアエルマッキ社が製作した水上機である。

1925年のマッキは、空気抵抗の低減を狙って単葉形式を採用する飛行艇マッキ M.33でレースにエントリーするも、結果は3位に終わる。そこでマッキはその時優勝したアメリカカーチス R3C-2を真似て、水上機スタイルの機体で、シュナイダー・トロフィー・レースのエントリーを狙う事となる。

そこで製作されたのが本機であり、イタリアの総力を挙げてアメリカの3連覇を阻止にかかった。カーチスを真似て水上機スタイルを採用したものの、主翼については前作を踏襲し単葉形式を採用した。1926年のアメリカ、バージニア州で行われたシュナイダー・トロフィー・レースで見事優勝し、雪辱を果たしている。対するアメリカは、1925年の優勝機であるカーチス R3C-2のエンジンを強化して臨むが、2位に終わっている。

スペック[編集]

  • 全長:6.70 m
  • 全幅:9.20 m
  • 全高:3.00 m
  • 総重量:1,575 kg
  • 出力:800 HP
  • 最大速度:416 km/h

フィクションでの描写[編集]

アニメーション映画紅の豚にて、主人公の友人・フェラーリン少佐の愛機(イタリア軍機)として、本機をモデルとした機体が登場する。

関連項目[編集]