マダラカンムリカッコウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マダラカンムリカッコウ
Clamator glandarius.jpg
マダラカンムリカッコウ Clamator glandarius
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: ホトトギス目 Cuculiformes
: ホトトギス科 Cuculidae
: カッコウ属 Cuculus
: マダラカンムリカッコウ
C. glandarius
学名
Clamator glandarius
(Linnaeus, 1758)
和名
マダラカンムリカッコウ
英名
Great Spotted Cuckoo

マダラカンムリカッコウ(斑冠郭公、学名:Clamator glandarius)は、ホトトギス目ホトトギス科に分類される鳥類の一種。

ハシボソガラスに托卵する 托卵するがカラスの卵を落としたり雛を襲ったりもしない カラスが卵を攻撃することもない

形態[編集]

分布[編集]

スペインに生息する

生態[編集]

カラスに托卵する カラスよりもギャー、ギャー、と鳴き、例え、鳴いても鳴きやまず 鳴き声が大きいと運ぶ食物の量を増やす

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類