マタスンタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マタスンタ
Matasuntha
東ゴート王妃

配偶者 東ゴート王ウィティギス
  ゲルマヌス
子女 ゲルマヌス
家名 アマル家
父親 エウタリック
母親 東ゴート女王アマラスンタ
テンプレートを表示

マタスンタまたはマタスエンタ、マタスウィンタ (ラテン語: Matasuntha, Matasuentha, Mathesuentha, Mataswintha, fl. 550年) は、東ゴート女王アマラスンタの娘。父はエウタリックで、兄弟に東ゴート王アタラリックがいる。母方の祖父母はテオドリック大王アウドフレダである[1]

生涯と家族[編集]

ヨルダネスの『ゲティカ』によると、エウタリックとアマラスンタはアタラリックとマタスンタという二人の子をもうけた。エウタリックが早くに亡くなったため、テオドリックの後をアタラリックが継いだが、彼も若くして死去し、女王として即位したアマラスンタも間もなく反対派に敗れて幽閉、殺害された。マタスンタは新たな東ゴート王ウィティギスと結婚したが、東ローマ帝国の将軍ベリサリウスによって王国を奪われ、夫婦ともにコンスタンティノープルへ送られた。子が生まれないままウィティギスが死去すると、マタスンタはユスティニアヌス1世の従弟ゲルマヌスと再婚し、夫と同名の息子ゲルマヌスを生んだ。2人目の夫ゲルマヌスが死去した後は、マタスンタは再婚せず未亡人として余生を送った[2]

夫ゲルマヌスは550年末もしくは551年初頭に死去しており、息子ゲルマヌスが生まれたのはその後だった。息子ゲルマヌスのその後について確かなことは分かっていないが、マウリキウス帝時代に活躍した「パトリキウスゲルマヌスと同一人物である可能性が指摘されている。彼は元老院の有力な指導者で、娘を皇帝の長男テオドシウスに嫁がせるほどの力を持った[3][4]。一方、歴史家のMichael Whitbyは、マタスンタの息子ゲルマヌスはティベリウス2世とアエリア・アナスタシアの娘婿である副帝ゲルマヌスと同一人物であるとしている[5]。また、「パトリキウス」のゲルマヌスと副帝ゲルマヌスを同一人物とし、息子ゲルマヌスに比定する説もある(つまり、「パトリキウス」のゲルマヌスと副帝ゲルマヌス、息子ゲルマヌスを同一視)。ただし、副帝ゲルマヌスについては、マタスンタの後夫ゲルマヌスが前妻との間に儲けた次男ユスティニアヌス(525年頃-582年)の息子(名前不明)である可能性も高く、信頼できる史料も存在しない為、確定出来ないのが現状である。なお、夫ゲルマヌスと前妻との間には他にも長男ユスティヌス(525年頃-566年。皇帝ユスティヌス2世に競争相手、脅威とみなされて殺害された)、ヨアンネスという将軍と結婚した長女ユスティナがいる。この3人はマタスンタから見て義理の子達である。

フィクション[編集]

マタスンタは、L・スプレイグ・ディ・キャンプの歴史SF"Lest Darkness Fall"に登場している。またフランツ・クサヴァー・シャルヴェンカが、オペラ『マタスウィンタ』を作曲している (作曲1891年-92年、初演1894年)。

脚注[編集]

  1. ^ Cawley, Charles, Profile of Theodoric the Great and his family, Medieval Lands database, Foundation for Medieval Genealogy, [自主公表]Template:Better source
  2. ^ Jordanes, "The Origin and Deeds of the Goths", Chapter 14. 1915 translation by Charles Christopher Mierow
  3. ^ Martindale & Morris (1980), pp. 505–506
  4. ^ Martindale, Jones & Morris (1992), pp. 528, 531–532
  5. ^ Whitby (1988), p. 7

参考文献[編集]

  • Martindale, John R.; Morris, John (1980), The Prosopography of the Later Roman Empire - Volume II, AD 395–527, Cambridge University Press, ISBN 978-0-521-20159-9 
  • Martindale, John R.; Jones, A. H. M.; Morris, John (1992), The Prosopography of the Later Roman Empire - Volume III, AD 527–641, Cambridge University Press, ISBN 0-521-20160-8 
  • Whitby, Michael. (1988), The Emperor Maurice and his historian: Theophylact Simocatta on Persian and Balkan warfare, Oxford University Press, ISBN 0-19-822945-3