マコト・サカモト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

マコト・サカモトMakoto Sakamoto坂元真、 - 2018年8月22日)は、イギリスで活動していた日本人ドラマーMako Sakamotoと表記している場合もある。作家ユニットYUMAの元メンバー。

概要[編集]

スタジオ・ミュージシャンとしての活動が多く、イギリス録音の様々なアーティストのアルバムにクレジットされている。

バーナード・バトラーとの親交が深く、ザ・ティアーズの正式メンバーになっている他、彼の人脈のマッカルモント&バトラーバート・ヤンシュダフィーシャーリーン・スピテリネナ・チェリー等のアルバムでも演奏を行なっている。

その他にも、キザイア・ジョーンズレネ・マーリンのアルバム等に参加している。

日本のミュージシャンでは、戸川京子UAの曲に参加している他、元プラスチックス中西俊夫 (Toshio Nakanishi)とThumpin' Thursdaysというユニットを組んでいる[1]

Jesper Mattssonと共同で、テレビ番組『ロンリープラネット (Globe Trekker)』、『Extreme Oil』[2]、ドキュメント映画「The War on Democracy[3]等のサウンドトラックを担当している。

1992年5月にはキザイア・ジョーンズの公演で、2005年8月にはサマーソニック出演のためザ・ティアーズのメンバーとして来日(正しく言えば帰国)している。

2018年8月22日死去。

参照[編集]

  1. ^ ロンドンのレーベルSONIC FORCEのページ
  2. ^ Extreme Oilのクレジット
  3. ^ The War on Democracy

外部リンク[編集]