ザ・ティアーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ザ・ティアーズ
The Tears-2005-Roskilde-2.jpg
左がアンダーソン、右がバトラー。2005年撮影。
基本情報
出身地 イギリスの旗 イギリス
ロンドン
ジャンル オルタナティヴ・ロック
活動期間 2004年2006年
レーベル インディペンディエンテ
共同作業者 スウェード
メンバー ブレット・アンダーソン
バーナード・バトラー
ウィル・フォスター
マコト・サカモト
ネイサン・フィッシャー

ザ・ティアーズ (The Tears) は、スウェードのメンバーだったブレット・アンダーソンバーナード・バトラーを中心に結成されたイギリスロックバンド

来歴[編集]

1994年にメンバー間の不和からスウェードを脱退したバーナードに対し、2003年にスウェードを活動休止にしたばかりのブレットが連絡を取って、二人は約10年ぶりに和解を果たす。2004年には6月にはレコーディングを開始し、同年9月に新しいバンド名を「ザ・ティアーズ」と命名。他のメンバーは、バーナードのソロ活動を支えてきた日本人ドラマーのマコト・サカモトキーボードにウィル・フォスター、ベースにはネイサン・フィッシャーが参加した。バーナードはアルバムのプロデュースも担当した。

2004年12月にロンドンバルセロナにて初めてのライヴを行う。ティアーズは、基本的にライヴではスウェードの曲は一切演奏しないことになっており、観客からスウェードのデビュー曲「ザ・ドラウナーズ」を演奏するようしつこく野次を飛ばされた際に、ブレットは「誰かドラウナーズを演奏してほしいって言ったか?だとしたら来るギグを間違えたんだな」と演奏するのを拒否している。しかし、数回「ステイ・トゥゲザー」のB面に入っていた「リヴィング・デッド」を演奏することがあった。

2005年4月にデビューシングル「リフュジーズ」は全英9位に入る上々の滑り出しを見せる。しかし同年6月に発表されたデビュー・アルバム『ヒア・カム・ザ・ティアーズ』は全英15位に入ったが、たった2週間でチャートから姿を消すなど商業的には失敗に終わった。7月に発表されたシングルカットされた「ラヴァーズ」は全英24位を記録したものの、次のシングルに予定されていた「オートグラフ」は結局発売中止になった。

2005年8月にはサマーソニック出演のため初来日を果たし、ソニックステージのトリ前に出演した。しかし同年秋にはバンドは所属レーベルから解雇されてしまい、予定されていたツアーは全て中止。そしてブレットのソロ活動を追求したいという意向により、2006年初頭に活動休止を発表している。

現状[編集]

バーナードは主にダフィーなどを手がける人気プロデューサーとして活動。ブレットはソロ活動を続けていたが、2010年にはスウェードとして再始動している。しかしこれにはバーナードは参加していない。
ブレットはティアーズ活動停止後のインタビューでは「スウェードやティアーズはまだ終わったわけではない」という趣旨の発言もしていたが、ティアーズに関しては将来的な活動予定はなく実質的には解散状態にある。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • ヒア・カム・ザ・ティアーズ(Here Come the Tears) - 全英15位

シングル[編集]

  • リフュジーズ(Refugees) - 全英9位
  • ラヴァーズ(Lovers) - 全英24位