マクシム・コヴァレフスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

マクシム・マクシモーヴィチ・コヴァレフスキー(Maksim Maksimovich Kovalevsky、1851年9月8日 - 1916年4月5日)は、ロシア歴史学者社会学者法学者[1]

人物[編集]

ウクライナの貴族の家に生まれ、幼少期をハルキウで過ごした。ハルキウ大学のドミートリ・カチェノフスキーの下で学んだ後、ベルリンパリロンドンでも学び、カール・マルクスフリードリヒ・エンゲルスハーバート・スペンサーウラジーミル・ソロヴィヨフらとも交流した。

主な著書[編集]

  • 『共同体的土地利用、その崩壊の原因、過程、結果』1879年
  • 『法律学における史的=比較的方法』1880年
  • 『中世末期イギリスの社会機構』1880年
  • 『原始法』(2冊)1886年
  • 『現代の慣習と古代法』(2巻)1886年
  • 『カフカースにおける法律と慣習』(2巻)1890年
  • 『家族と所有の起源と発展』(仏文)1890年
  • 『ロシアの現代の慣習と古代法』(英文)1891年
  • 『現代民主主義の起源』(4巻)1895-1901年
  • 『現代、古代、近古における氏族生活』1905年
  • 『社会学』(2巻)1910年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ パシュカーニス『法の一般理論とマルクス主義』(稲子恒夫訳,日本評論社,1958年)人名索引2頁