マキン島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

座標: 北緯3度22分30秒 東経172度59分10秒 / 北緯3.37500度 東経172.98611度 / 3.37500; 172.98611

ランドサット衛星から見たマキン。左下にはブタリタリの一部が見える
NASA宇宙飛行士が撮影したマキン
マキンの地図

マキンキリバスギルバート諸島に属する太平洋上のである。

地理[編集]

マキンはブタリタリの北端から北東に6kmの位置にあり、ブタリタリのナモカ島からは6.9kmの距離がある。マキンは直線的な形が特徴であり、北から南に12.3kmの間に5つの小島を持ち、そのうちの2つの大きな島(マキンとケイブ)に大多数の住民が住んでいる。3番目に大きな島は、一番南にあるオンネ島であり、ここにも住民が住んでいる。これら小島の連なりは、ギルバート諸島の中で最も北側に位置し、またキリバスの中では3番目に北側である(ライン島のテライナとタブエランだけが、より北側にある)。マキンは完全な環礁ではないが、最も北側に位置する最も大きなマキン島は、ほぼ陸地に囲まれた0.3km2ラグーンを持ち、外海とは東側にある15m幅の水路によってのみ繋がっている(水路上には道路橋が架かっている)。これは退化した環礁とも考えられる。ケイブは2番目に大きな島で、より小さく完全に陸に囲まれたラグーンを島の東側に持っており、この直径はおよそ80m(この面積はおよそ0.005km2(または0.5ヘクタール))であり、そして海からは60mの距離がある。

かつて、アメリカ軍は、付近に位置する環礁であるブタリタリを「マキン環礁」と呼んでいた。その当時は、ブタリタリに比して小さなマキン島は、区別のためにマキン・マング、あるいはリトル・マキンと呼ばれていた。現在では、ブタリタリが環礁のほうの呼称として定着したため、単にマキン島と呼ぶことが多い。

ギルバート諸島はしばしばマーシャル諸島の南側(正確には南南東)の一部だと思われているが、最も近いノックス環礁ですらマキンから北北西に290km離れている。

マキン空港は中心街のすぐ北東にあり、ラグーンと海の間に位置していて、国際民間航空機関の空港コードは”NGMN”、国際航空運送協会での空港コードは”MTK”である。

マキンの陸地面積は6.7km2で、総人口は2005年の統計で2,385人であり、2つの村から構成されている。

マキンの島[編集]

  • アオンビケ
  • キーブ
  • マキン
  • オンネ
  • テブア・タラワ

マキンの村[編集]

マキン村 人口:1,834人
ケイブ村 人口:551人

気候[編集]

気候は近くにある”ブタリタリ環礁”と良く似ており、熱帯雨林で大量の降雨がある。平均的な年間の降水量は、およそ4,000ミリにもなり、タラワ環礁のおよそ2,000ミリ、そして南に遠く離れたキリバスの1,000ミリと比べても非常に多い。マキンの降雨は、エルニーニョ現象が発生している時にはさらに多くなる。

歴史[編集]

アメリカ合衆国は、グアノ島法をマキンとブタリタリに適用することを宣言した[要出典]。なお、第二次世界大戦中にマキンの戦いの舞台となったのは、マキン環礁と呼ばれていたブタリタリであり、マキン島ではない。