マカーマ (文学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アル・ハリーリーの『マカーマート』の挿絵。Yahya ibn Mahmud al-Wasiti

マカーマمقامة , Maqāma )は、アラビア語文学における一形式をさす。複数形はマカーマート( maqāmāt )。原義はアラビア語で「立つところ」や「集会」を表す。

基本的な物語は、主人公がイスラーム世界のさまざまな場所を放浪し、言葉巧みに人を騙して稼ぎを得る様子を、語り手が聞かせるというものになっている。詩と散文が混じる構成で、時に哀しみやユーモアをまじえており、ジャーヒリーヤ起源の逸話も含めつつ中世イスラーム世界の風俗がうかがえる内容となっている。

概要[編集]

アッバース朝ブワイフ朝治下の10世紀に生まれたとされ、創始者は、「バディー・ウッ・ザマーン」(時代の驚異)とも呼ばれたアル・ハマザーニーと言われる。アル・ハマザーニーがマカーマを作るきっかけとして、詩人のイブン・ドライドが物語を人々に披露していたのを見たという説もある。現存するハマザーニーのマカーマートは50数話だが、そもそもは100話以上あったとされる。語尾の押韻を強調するサジュウ体によって書かれており、語り手に朗詠されることが意識されていた。

アル・ハマザーニーが創作したのちに、アル・ハリーリーがマカーマを大成した。アル・ハマザーニーの作品は登場人物の設定や語りに厳密な統一がなかったが、アル・ハリーリーはそれらを統一したうえで修辞技法などを駆使して磨きをかけ、様式を完成させた。アル・ハニーニーのマカーマでは、ハーンモスク、文学サロン、ディーワーン裁判所、船上、庭園、婚姻の場、救護施設、墓地などが舞台に使われ、ハマザーニーの作品と異なり主人公は基本的に暴力をふるわず、言葉や演技で金や物品をせしめる。主人公の技量は高く、本歌取り回文連歌(イジャーザ)などの技法が多数盛りこまれている。

評価と影響[編集]

マカーマは、アル・ハリーリーの作品を模範として文人たちによる創作が続けられ、アンダルス時代のイベリア半島にも伝わる。13世紀には、ジュダ・アル・ハリージー( judah al harizi )が、アル・ハリーリーの『マカーマート』をヘブライ語に翻訳した。ジュダ・アル・ハリージーは自身もマカーマを執筆し、そのラテン語訳がヨーロッパに広まった。アル・ハリーリーの作品は、ドイツの詩人で東洋学者であるフリードリヒ・リュッケルトに訳され、ヨーロッパに東洋趣味の影響を与え、シューマンの『東洋の絵』などに着想を与えている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]