マインロイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
紋章 地図
(郡の位置)
DEU Mainleus COA.svg Lage des Landkreises Kulmbach in Deutschland.PNG
基本情報
連邦州: バイエルン州
行政管区: オーバーフランケン行政管区
郡: クルムバッハ郡
緯度経度: 北緯50度06分00秒 東経11度22分45秒 / 北緯50.10000度 東経11.37917度 / 50.10000; 11.37917
標高: 海抜 302 m
面積:

49.4210 km2

人口:

6,463人(2018年12月31日現在) [1]

人口密度: 131 人/km2
郵便番号: 95336
市外局番: 09229
ナンバープレート: KU, EBS, SAN
自治体コード:

09 4 77 136

行政庁舎の住所: Fritz-Hornschuch-Platz 4
95336 Mainleus
ウェブサイト: www.mainleus.de
首長: ロベルト・ボッシュ (Robert Bosch)
郡内の位置
Mainleus in KU.svg
地図

マインロイス (ドイツ語: Mainleus, ドイツ語発音: [ma‿inˈlɔ‿ys][2])は、ドイツ連邦共和国バイエルン州クルムバッハ郡オーバーフランケン行政管区)の市場町マイン川の2つの源流である白マイン川赤マイン川がシュタインハウゼン(北緯50度05分13秒東経11度23分52秒)で合流した後の1kmほど、マイン川に直接面している。

地理[編集]

自治体の構成[編集]

この町は、公式には40の地区 (Ort) からなる[3]このうち小集落や孤立農場などを除く集落を以下に列記する。

  • ブーヒャウ
  • ダンドルフ
  • デルフレス
  • ファッソルツホーフ
  • グンダースロイト
  • ホルンシューフスハウゼン
  • マインロイス
  • モッチェンバッハ
  • ペルツ
  • プロース
  • ロートヴィント
  • シンメンドルフ
  • シュマイルスドルフ
  • シュヴァルツァハ・バイ・クルムバッハ
  • ファイトラーム
  • ヴァハホルダー
  • ヴェルンシュタイン
  • ヴィルマースロイト
  • ヴュステンブーヒャウ
  • ヴュステンドルフ

歴史[編集]

ヴェルンシュタイン城

マイン川の渓谷に位置することからこの町の名が付けられた。「マインロイス」は「スラヴ系ルビス族のマイン川沿いの入植地」を意味する。19世紀に最盛期を迎えたマイン川の流しの要衝であった。1792年以降はバイロイト侯領の一部となるが、1807年ティルジットの和約により1807年フランス領となるが、さらに1810年バイエルン王国に移された。1908年には、クルムバッハの紡績工場の支社がマインロイスで開業した。この工場は現在でも操業を続けている。自治体再編では以下の自治体が合併した:1955年 ハイナースロイトとヴォルパースロイト; 1972年 ベヒテルスロイト、クレーテンネスト、ヴュステンブーヒャウ、ブーヒャウ、ヴェルンシュタインおよびヴィルマースロイト、さらにデルフレス、モチェンバッハ、ペールおよびヴュステンドルフ;1976年 ファイトラームとプロース; 1977年 アイヒベルク、ファソルツホーフ、ロトヴィントおよびシュヴァルツホーフ; 1978年 ダンドルフ、シンメンドルフおよびシュヴァルツァハ=シュマイルスドルフ。

Church an cemetery of Veitlahm
Church of Veitlahm

人口[編集]

  • 1970年 6,858人
  • 1987年 6,189人
  • 2000年 6,940人

行政[編集]

2016年7月1日からロベルト・ボッシュ (CSU) がマインロイトの町長を務めている。前任者のディーター・アダム(Freie Wähler)は2004年からこの町の町長を務めていた。

出典[編集]

  1. ^ Bayerisches Landesamt für Statistik – Tabelle 12411-001
  2. ^ Max Mangold, ed (2005). Duden, Aussprachewörterbuch (6 ed.). Dudenverl. p. 528. ISBN 978-3-411-04066-7 
  3. ^ Bayerische Landesbibliothek Online

外部リンク[編集]