マイケル・カレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マイケル・カレンSir Michael John Cullen, KNZM, 1945年2月5日 - )は、ニュージーランドの元政治家経済学者歴史家ニュージーランド・ポスト会長

来歴[編集]

マイケル・カレン(2007年)
2008年度予算案について会見に応じるカレン(2008年)

イギリスロンドン生まれ。幼少期にニュージーランドへ移住しクライストチャーチの名門クライスト・カレッジ卒業。カンタベリー大学へ進学し修士号(専攻は歴史学)を取得。コモンウェルス奨学生としてエジンバラ大学へ留学しPh.D.を取得(専攻は社会経済史)。スターリング大学助教授、オタゴ大学講師(1971年~1981年)、オーストラリア国立大学客員研究員(1975年~1976年)を経て、1974年にニュージーランド労働党へ入党。1981年にセント・キルダ(St Kilda)地区より出馬し当選。以降、1996年まで同選挙区で議席を獲得し、1996年はダニーデン・サウス地区へ移る。1999年より比例名簿入り。1984年に院内幹事に就任以降、財務副大臣、社会福祉大臣、高等教育大臣などの要職を歴任。

ニュージーランド労働党副党首に就任し(1996年~2008年)、ヘレン・クラーク政権下で副首相・財務大臣・ワイタンギ条約担当大臣を務める。クラーク政権で9年間に渡り経済政策を指揮した。

2008年の総選挙対策で減税を行い幅広い支持層の獲得に善戦するもニュージーランド国民党に敗北し、選挙後に副党首を辞任。2009年4月に政界引退。2009年11月にニュージーランド・ポスト副会長に就任。2010年11月に同会長に昇格。2013年11月に再任。

2009年にオタゴ大学より名誉法学博士号を授与される。2012年6月に30年間に渡る政治家としての功績を評価され、エリザベス2世よりナイト勲位を授与され、サー(Sir)の称号を得る。

経済政策通の論客として知られた政治家。ロウソン夫人との間に2女。