マイク・バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
No image.svg マイク・バス American football pictogram.svg
Mike Bass
基本情報
ポジション コーナーバック
生年月日 (1945-03-31) 1945年3月31日(73歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ミシガン州イプシランティ
身長 6' 0" =約182.9cm
体重 190 lb =約86.2kg
経歴
大学 ミシガン大学
NFLドラフト 1967年 / 12巡目全体314位
初出場年 1967年
初出場チーム デトロイト・ライオンズ
所属歴
受賞歴・記録
  • レッドスキンズの偉大な70人
NFL 通算成績
インターセプト 30回
タッチダウン 3回
ファンブルリカバー 5回
Player stats at NFL.com
Player stats at PFR

マイク・バス(Mike Bass 1945年3月31日- )はミシガン州イプシランティ出身の元アメリカンフットボール選手。ポジションはディフェンシブバック

経歴[編集]

ミシガン大学からの奨学金のオファーを受けて進学、1965年にはローズボウルで優勝している[1]

1967年NFLドラフト12巡目でグリーンベイ・パッカーズに指名されたが解雇され、その年デトロイト・ライオンズNFLデビューを果たした[1]。2年後の1969年ヴィンス・ロンバルディがヘッドコーチに就任したワシントン・レッドスキンズに加入、先発コーナーバックのポジションを勝ち取った[1]1971年にはNFL3位の8インターセプトをあげた[1]1972年、チームはNFCチャンピオンシップゲームを勝利、レギュラーシーズンを14勝0敗で終えたマイアミ・ドルフィンズと対戦した。第7回スーパーボウルでバスは、第4Qにガロ・イェプレミアンがFGをブロックされた後、パスを投げようとしてファンブルしたボールを拾い49ヤードのリターンTDをあげた[1][2]1974年、オールNFCに選ばれる活躍を見せた[1]。1976年、怪我のため現役を引退した[1]

8シーズンで30インターセプト、3TDをあげた。またファンブルリカバーも5回記録している。

現役引退後、バハマに移住、18年間リゾート施設のオーナーをしていた[1]。1997年、フロリダ大学のアカデミックカウンセラーとなった[1]。2002年には自らの経験をもとにコンサルティング組織を設立した[1]

2002年、レッドスキンズの偉大な70人に選ばれた[1][3]

人物[編集]

1976年にはレッドスキンズの同僚と共にブラックスプロイテーション映画のBrotherhood of Deathに出演した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k BIO”. オフィシャルページ. 2013年1月14日閲覧。
  2. ^ SUPER BOWL XXV; Garo's Gaffe, McGee's Hangover And More: The First 24 Years”. ニューヨーク・タイムズ (1991年1月27日). 2013年1月14日閲覧。
  3. ^ 80 Greatest Redskins”. ワシントン・レッドスキンズ. 2013年1月14日閲覧。

外部リンク[編集]