マイク・ネスミス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マイク・ネスミス
The Monkees 1966 - Nesmith.JPG
ザ・モンキーズ全盛期時代(1966年)
基本情報
出生名 Robert Michael Nesmith
生誕 (1942-12-30) 1942年12月30日
死没 (2021-12-10) 2021年12月10日(78歳没)
ジャンル ロック、ポップ、フォーク、カントリー、フィクション、ポップロック
職業 著述家、作詞家、ミュージシャン、俳優、
担当楽器 ボーカル、アコースティックギター、エレクトリック・ギター、ピアノ、電子オルガン、シンセサイザー、ハーモニカ、ペダススチールギター
活動期間 1965年 - 2021年
共同作業者 ザ・モンキーズ

マイク・ネスミス(Mike Nesmith, 1942年12月30日 - 2021年12月10日)は、アメリカ合衆国ミュージシャン作詞家俳優小説家実業家慈善家テキサス州ヒューストン出身。ザ・モンキーズのメンバーとして知られる[1]

人物[編集]

母親は修正液の発明者で実業家のベティ・ネスミス英語版(1924~80)。

在籍したザ・モンキーズでは、ギターヴォーカルを担当。在籍時に書いた「悲しきロック・ビート(Different Drum)」が1967年にストーン・ポニーズ(リード・ボーカルはリンダ・ロンシュタット)にカバーされ、彼らのバージョンは翌1968年に全米13位を記録した。

モンキーズ解散後は自身のカントリー・バンドであるファースト・ナショナル・バンドで活躍、「シルバー・ムーン」等のヒットがある。1981年にミュージック・ビデオのカテゴリーで『Elephant Parts英語版』がグラミー賞を受賞した。

クリスチャン・サイエンスの信者である[2]

晩年のネスミス(2017年)

2021年12月10日心不全のためカリフォルニア州の自宅で亡くなった[3]。同年11月のロサンゼルスでのミッキー・ドレンツとのツアー公演が最後のバンド演奏となった[4]

出演[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]