マアロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Mahalon
Mahalon (29) Église Saint-Magloire 02.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ブルターニュ地域圏Blason region fr Bretagne.svg
(département) フィニステール県Blason Finistère 29.svg
(arrondissement) カンペール郡
小郡 (canton) ポン=クロワ小郡
INSEEコード 29143
郵便番号 29790
市長任期 ベルナール・ル・ガル
2008年 - 2014年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes du Cap-Sizun
人口動態
人口 881人
2010年
人口密度 41人/km2
住民の呼称 Mahalonais, Mahalonaise
地理
座標 北緯48度02分 西経4度26分 / 北緯48.03度 西経4.43度 / 48.03; -4.43座標: 北緯48度02分 西経4度26分 / 北緯48.03度 西経4.43度 / 48.03; -4.43
標高 平均:m
最低:2m
最高:101m
面積 21.39km2
Mahalonの位置(フランス内)
Mahalon
Mahalon
公式サイト Mairie de Mahalon
テンプレートを表示

マアロンMahalon)は、フランスブルターニュ地域圏フィニステール県コミューン

由来[編集]

中世起源のこの町の名前は、12世紀以来変化し続けてきた。最初はMathalon、そしてMazalon、今日のMahalonとなった。

歴史[編集]

マアロンは、コルヌアイユ司教区の中で最も古い教区の1つであった。1160年に記された、ブルターニュの聖ヨハネ騎士団の憲章内でマアロンについて触れられている。騎士団はアルモリカに拠点を持ち、村に施療所を設けていた。

1904年1月3日発行のル・クロワ紙は、マアロンにあるカトリック会衆学校の閉鎖を伝えている。この決定は、当時のフランス首相エミール・コンブ英語版が反教会政策をとっていたためである。学校はかつてフィーユ・ド・ジェシュ会衆(fr)が運営していた[1]

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2010年
867 802 742 711 773 799 881 881

参照元:1999年までEHESS[2]、2000年以降INSEE[3][4]

脚注[編集]