ポール・ジュリアス・ロイター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ポール・ジュリアス・ロイター

ポール・ロイター(Paul Julius Baron von Reuter、1816年7月21日 - 1899年2月25日)は、通信社ロイター(Reuters)社を起こした人物。

1816年7月21日ドイツカッセルラビ(ユダヤ教司祭)の息子としてIsrael Beer Josaphatという名前で生まれる。

ゲッティンゲンでケーブルを使う電気信号の送信の実験をしていたカール・フリードリヒ・ガウス と出会う。

1845年10月29日ロンドンに引っ越す。その時名前をJoseph Josephatとする。翌月11月16日 ポール・ジュリアス・ロイターの洗礼名でキリスト教に改宗する。一週間後の23日、 Ida Maria Elizabeth Clementine Magnusと結婚する。1848年ドイツから出国して、パリにたどり着きシャルル=ルイ・アヴァスフランス語版が創業したアヴァス通信社で働く。同じ頃、同じドイツ生まれの医者の息子もアヴァスで働いていたが、これが後にヴォルフ電報局を創業したベルンハルト・ヴォルフ英語版である。

伝書鳩を使ってブリュッセル-アーヘン間の情報のやりとりを行う事業をアーヘンで始める。ブリュッセルはフランス=ベルギー電信線の始点であり、アーヘンはプロイセン王国電信線の終点であった。 列車を使うよりも早い伝書鳩のおかげで、アーヘンではパリ株式市場の情報をいち早く知ることができた。1850年ドイツ=オーストリア電信連合が成立した。1851年ロイターは伝書鳩から電報を使った通信に変える。 1851年ロンドンに戻ってロンドン株式市場に事務所を置く。

1866年ボンベイ事務所を開設し、イギリス=ドイツ間に海底ケーブルを敷設し、これはドイツで陸上電信線に接続した。

1870年、市場分割協定をアヴァス通信社ヴォルフ電報局と調印。世界を三分割する。(AP1893年にReuterと契約している) 1871年男爵の称号が与えられ、ロイター男爵となる。 1872年ガージャール朝ナーセロッディーン・シャーからポール・ジュリアス・ロイターに「ロイター利権英語版」(: Reuter Concession)が供与された。ロイター利権とは、カスピ海からペルシア湾にいたる鉄道の敷設権である。この利権には、路面電車の設置、石炭・鉄・石油などの地下資源の採掘、銀行設立などあらゆる事項が盛り込まれた。これにはロシアが反対した上、イランの聖職者・知識人・商人も抵抗した。1885年にペルシア帝国銀行が設立され、4年後にガージャール朝は同行へ通貨発行権だけでなく地下資源の採掘/利用権まで付与した。

1899年2月25日フランスニースで亡くなる。

関連項目[編集]