ポール・クロスリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ポール・クロスリーPaul Crossley, 1944年5月17日 - )はイギリスピアニスト

ヨークシャー生まれ。リーズファニー・ウォーターマンに師事。オックスフォード大学在学中にオリヴィエ・メシアンに才能を発掘され、パリに留学してメシアン夫人イヴォンヌ・ロリオに入門する。1968年にメシアン・コンクールに入賞。

現代フランスおよびイギリスの作曲家、とりわけメシアンティペット、ニコラス・モー、ジョージ・ベンジャミンなどと関係が深いピアニストである。ティペットのピアノ・ソナタ第3番および第4番は、クロスリーを念頭において作曲されている。

積極的な録音活動により、さまざまなレーベルからおびただしい数のディスクを発表しており、アルテュール・グリュミオーとの共演によるフォーレのヴァイオリン・ソナタは中でも有名。フォーレ、ドビュッシーラヴェルのピアノ曲全集が知られており、このうちラヴェル・ピアノ曲全集は、畏友武満徹の追憶に献呈されている。