ポルト・サント島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ポルト・サント島
Madeira-01-0018 (7337297108).jpgPorto santo aerialview.jpg
ポルト・サント・ビーチ(上)
ポルト・サント島の航空写真(下)
座標 北緯33度05分04秒 西経16度19分20秒 / 北緯33.08444度 西経16.32222度 / 33.08444; -16.32222座標: 北緯33度05分04秒 西経16度19分20秒 / 北緯33.08444度 西経16.32222度 / 33.08444; -16.32222
面積 42.17 km²
最高標高 402 m
所在海域 大西洋
所属国・地域 ポルトガルの旗 ポルトガル マデイラ自治地域
地図
ポルト・サント島の位置
テンプレートを表示

ポルト・サント島(ポルト・サントとう、Porto Santo)はポルトガル領・マデイラ諸島の島。諸島の東北端にあり、マデイラ島からは北東へ50kmの位置にある。主な町はポルト・サント。人口は4,474人(2001年)、面積は42.17平方キロメートル。主要産業は観光業である。

島の南岸は砂浜海岸となっており、島内の2つのゴルフ場も含めて、主な観光資源となっている。島には飛行場もあり、船舶および航空機によるアクセスが可能である。

歴史[編集]

ポルト・サント島はマデイラ諸島の中で最も初期に入植された。入植者は森林を切り開き、耕作やヤギの放牧を営んだ。15世紀半ばに島を統治したバルトロメウ・ペレストレーリョが放ったウサギが制御不能なほど繁殖し、食料の調達ができなくなった島民は島を一時放棄した。島の自生植物はウサギによって全て食い荒らされ、その生態系へのダメージは以後回復することはなかった[1]

脚注[編集]

  1. ^ エヴァン・D・G・フレイザー、アンドリュー・リマス著、藤井美佐子訳『食糧の帝国:食物が決定づけた文明の勃興と崩壊』太田出版、2013年。ISBN 9784778313586、pp.89-90.