ポルカ・マズルカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ポルカ・マズルカ英語チェコ語など:Polka-mazurkaドイツ語Polka-mazur)は、マズルカのリズムを持つポルカ[1]。ポルカの3分類のひとつである[1]ポルカ・シュネル、普通のポルカ、ポルカ・マズルカ)。19世紀を中心に隆盛した舞踏音楽の一種で、カール・ミヒャエル・ツィーラーフィリップ・ファールバッハ1世など、当時の舞踏音楽の作曲家のほとんどが作曲を手掛けている。

この分野でとりわけ高く評価されている作曲家は、ワルツ王ヨハン・シュトラウス2世の弟ヨーゼフ・シュトラウスである[2]。彼は44曲ものポルカ・マズルカを作曲し[3]、32曲だった兄を作品数で凌ぎ[3]、さらに今日演奏される曲も兄より多い。すべてのポルカ・マズルカ作品のなかでも、特にヨーゼフの『女心』と『とんぼ』がよく知られている。

主な作品[編集]

  • 燃える恋』 op.129 (ヨーゼフ・シュトラウス, 1862年)
  • おしゃべり女』 op.144 (ヨーゼフ・シュトラウス, 1863年)
  • 女心』 op.166 (ヨーゼフ・シュトラウス, 1864年)
  • とんぼ』 op.204 (ヨーゼフ・シュトラウス, 1866年)
  • 『腕をくんで』 op.215 (ヨーゼフ・シュトラウス, 1867年)
  • 『女性賛美』 op.315 (ヨハン・シュトラウス2世, 1867年)
  • 町と田舎』 op.322 (ヨハン・シュトラウス2世, 1868年)
  • 『心と魂』 op.323 (ヨハン・シュトラウス2世, 1868年)
  • 『蜃気楼』 op.330 (ヨハン・シュトラウス2世, 1869年)
  • 遠方から』 op.270 (ヨーゼフ・シュトラウス, 1869年)
  • モダンな女』 op.282 (ヨーゼフ・シュトラウス, 1870年)

出典[編集]

  1. ^ a b 『名曲解説全集 第三巻 管弦楽曲(上)』(音楽之友社、昭和34年) p.344
  2. ^ ケンプ(1987) p.76
  3. ^ a b 増田(2003) p.140

参考文献[編集]

  • ピーター・ケンプ『シュトラウス・ファミリー:ある音楽王朝の肖像』木村英二訳、音楽之友社、1987年10月。ISBN 4276-224241
  • 増田芳雄「ヨーゼフ・シュトラウス――ワルツのシューベルト」(帝塚山大学『人間環境科学』第12巻、2003年)