女心 (ヨーゼフ・シュトラウスの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

女心』(おんなごころ、ドイツ語: Frauenherz作品166は、ヨーゼフ・シュトラウスが作曲したポルカ・マズルカ[1]

楽曲解説[編集]

作曲者の墓。彼の最愛の妻カロリーネもここに眠っている

1864年9月6日、フォルクスガルテンドイツ語版において、ワルツ『オーストリアの村つばめ』(作品164)とともに初演された[1]。曲名が具体的に何を示しているかは不明。ヨーゼフ・シュトラウスは愛する妻カロリーネのためにこの曲を書いたのだ[2]、ともいわれるが、ワルツ『オーストリアの村つばめ』がアウグスト・ジルバーシュタイン英語版の小説の名前を借りているように、小説『オーストリアの村つばめ』のヒロインの心情を示しているのだろうか[3]、と推察する声もある。

洗練された優美なリズムを持つポルカ・マズルカで、増田芳雄は「踊りのためでなく、むしろ”詩”のような曲」と評している[2]。同時に初演されたこの『女心』と『オーストリアの村つばめ』はともにヨーゼフの代表作として知られるようになり、作曲者が急逝してから3か月後に催された追悼式(1870年10月18日)の際にも、兄であるヨハン・シュトラウス2世の指揮のもとで揃って演奏されている[4]

構成[編集]

冒頭部(Eingang)、主部(Polka-Mazur)、中間部(Trio)、終結部(Schluss)からなる。

冒頭部A


 \relative d' {
  \new PianoStaff <<
   \new Staff { \key c \minor \time 3/4 
   {
     d'4.^\markup {\bold Eingang.} (ees16[ d] c8[ bes]) ees2\< ees4 f4. (g16[ f] d8[ bes]) g'2\!  
<<
{{\once \hide Stem g4\((^\markup {\bold Polka-Mazur.} \bar "||" bes4..-^) aes16\>[ g8. fis16]\!) g8 r g r g r \slashedGrace g( d) r d r d r}}
\\
{<g g,>4\f bes,2.~ bes2.\pp g2.} 
>>
ees'4.( f16[ ees] d8[ ees)] g4..-^\fz\! f16\pp[ ees8. c16] bes8 r bes r bes r bes4\mordent( c8[ d ees f) g2] 
<< 
{{\once \hide Stem g4\(( bes4..-^) aes16\>[ g8. fis16]\!) g8 r g r g r \slashedGrace g( d) r d r d r}}
\\
{<g g,>4\f bes,2.~ bes2.\pp g2.}
>>
ees'4.( f16[ ees] d8[ ees)] ges4.\f( f16[ ees] d8[ ees)] <ees ees'>4. g8_\markup { \italic dim. }[ d'8. c16] c4. bes8\pp bes, g' ees2 d8-^ r
}
   }
   \new Dynamics {
    s\pp
      }
   \new Staff \relative c'{ \key c \minor \time 3/4 \clef bass 
      <aes bes d>8 r <aes bes d>4. r8 <g bes ees>8 r8 <g bes ees>4. r8 <f aes bes d>8 r <f aes bes d>4. r8 <ees g bes ees>8 r <ees g bes ees>4. r8 <d d,>4\f <aes' bes f'>2 ees4 <g bes ees> <g bes ees> b, <f' g d'> <f g d'> c <ees g c> <ees g c> <aes, aes,> <f' aes c>2 bes,4 <bes' g'>( <g ees'>) bes,4 <aes' f'>( <f aes>) ees <g bes> <g bes ees> <d d,> <aes' bes f'>2 ees4 <g bes ees> <g bes ees> b, <f' g d'> <f g d'> c <ees g c> <ees g c> ces \clef treble <ces' ees ges beses>2 \clef bass bes,4 \clef treble <bes' es g bes>2 \clef bass <bes, d aes'>8 r <bes d aes'>8 r <bes d f aes>8 r <ees g>4 <ees ees,> r
   }
  >>
 }

中間部


 \relative b' {
  \new PianoStaff <<
   \new Staff { \key f \minor \time 3/4 \partial 4 {\relative aes'
 ees8^\markup {\bold Trio.} r \times 2/3 { aes8 aes aes } \repeat tremolo 4 aes8 aes8 r bes r c r <ees, c> r <f c> r <g c,> r  
<<{aes2( ees8) r} 
\\
{r4 <c ees> c8}
>>
\relative aes' \times 2/3 { aes8 aes aes } \repeat tremolo 4 aes'8 aes8 r bes r c r \slashedGrace f,( des') r c r bes r bes2( f8) r <f des' f>8. <f des' f>16 <f des' f>8. <f des' f>16 <f des' f>8. <f des' f>16 <aes f' aes>4 <g ees' g> <f des' f> <c' ees>( aes'8) r <ees, aes c>4 <ees aes c>2. 
<< {bes'8[ r16 bes] bes8[ r16 bes] bes8[ r16 bes] }
\\
{<des, ees>4 r <des ees>}
>>
<des' f,>8 r <c ees,> r <bes des,> r <aes c,> r <c, ees> r <ees c'> r <c ees aes>2( ees8) r
   } }
   \new Dynamics {
    s8\p s \times 2/3 { s8 s s } s2 s8 s s s s s s s s s s s s4 s s8 s \times 2/3 { s8 s s } s2 s8 s s s s s \slashedGrace s s s s s s s s2 s8 s s8.\ff s16 s8. s16 s8. s16 s4 s s s s8 s s4 s2. s4\pp s s
      }
   \new Staff { \key f \minor \time 3/4 \clef bass \partial 4
    r4 <aes,, c ees aes> r <aes c ees aes> <aes c ees aes> r <aes c ees aes> <aes ees' aes> r <aes ees' aes> <aes aes'> ees' c <aes c ees aes> r <aes c ees aes> <aes c ees aes> r <aes c ees aes> <des f bes> r <des f bes> des <f bes> <bes des> <des, des,> <f bes des> <f bes des> <des des,> <f bes des> <f bes des> <ees ees,> <ees aes c> <ees aes c> <ees ees,> <c ees aes> <aes c ees> ees <ees' g> <ees g> ees, <ees' g> <ees g> aes, <c ees aes> <ees aes c> aes, <c ees aes> r
   }
  >>
 }

ニューイヤーコンサート[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b ケンプ(1987) p.100
  2. ^ a b 増田(2003) p.151
  3. ^ CD『ヨーゼフ・シュトラウス・ポルカ集/ボスコフスキー指揮』解説書より「女心」(解説:保柳健
  4. ^ 若宮由美ウィーンフィル・ニューイヤーコンサート 2015 シュトラウス家の「第三の矢」、末弟エドゥアルトのポルカ! 曲目解説」より、ワルツ〈オーストリアの村つばめ〉

参考文献[編集]

  • ピーター・ケンプ『シュトラウス・ファミリー:ある音楽王朝の肖像』木村英二訳、音楽之友社、1987年10月。ISBN 4276-224241
  • 増田芳雄「ヨーゼフ・シュトラウス:ワルツのシューベルト」(帝塚山大学『人間環境科学』第12巻、2003年)

外部リンク[編集]

音楽・音声外部リンク
全曲を試聴する
Josef Strauss: Heart of a Woman, Polka-mazurka - モスクワ国立交響楽団(МГАСО)演奏。公式YouTubeチャンネル。