ポスト・レイシャル・アメリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ポスト・レイシャル・アメリカ英語: Post-racial America)とは、脱人種的なアメリカ、または人種問題を克服したアメリカのことであり、人種による優遇措置や差別や先入観が自国内から消滅した状態を仮定した理論上の世界である。

概要[編集]

アメリカ人の中には、バラク・オバマの大統領当選や異人種間の結婚が幅広く受け入れられる事によって、国全体が上述の状態になると信じている人達が居る[1]。一方でティーパーティー運動のように、そんな事は起きていないと論じるグループを信じている人達も居る[2]

2010年1月にピュー研究所全米公共ラジオ(NPR/ナショナル・パブリック・ラジオ)が共同で行った世論調査では、アフリカ系アメリカ人の39%が5年前より良い状態に居ると感じており、2008年の調査と比べて19%増加した[3]。一方でテレビ・ドキュメンタリー「Fair Game」(フェア・ゲーム/格好の標的)を作った俳優・映画監督のマリオ・ヴァン・ピーブルズのように、「アメリカ合衆国が人種問題を超えた社会になった」という考えに挑戦する人も居る[4]

沿革[編集]

前史[編集]

就任後[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Haq, Husna. (June 4, 2010). Interracial marriage: more than double the rate in the 1980s. Christian Science Monitor.
  2. ^ Dwyer, Devin. (May 25, 2010). Post-Racial America? Not Yet, Civil Rights Legend Andrew Young Says. ABC News.
  3. ^ Block, Melissa. (January 12, 2010). Poll: Post-Obama, Black Americans More Optimistic. All Things Considered. National Public Radio.
  4. ^ Martin, Michael. (January 29, 2010). Mario Van Peebles On A 'Post-Racial' America. Tell Me More. National Public Radio.Honors109

関連項目[編集]

関連文献[編集]

  • Kaplan, H. Roy. (2011). The Myth of Post-Racial America: Searching for Equality in the Age of Materialism. Rowman & Littlefield. ISBN 1610480058.
  • Parks, Gregory. Matthew Hughey. (2011). The Obamas and a (Post) Racial America? Series in Political Psychology. Oxford University Press. ISBN 0199735204.
  • Rodgers, Walter. (January 5, 2010). A year into Obama’s presidency, is America postracial? Christian Science Monitor.
  • Tesler, Michael. David O. Sears. (2010). Obama's Race: The 2008 Election and the Dream of a Post-Racial America. University of Chicago Press. ISBN 0226793834.

外部リンク[編集]