ポイペト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

座標: 北緯13度39分 東経102度34分 / 北緯13.650度 東経102.567度 / 13.650; 102.567

ポイペト
Poipet
ポイペトのカジノ地帯
ポイペトのカジノ地帯
座標 : 北緯13度39分 東経102度34分 / 北緯13.650度 東経102.567度 / 13.650; 102.567
行政
カンボジアの旗 カンボジア
 州 バンテイメンチェイ州
 市 ポイペト
その他
等時帯 UTC/GMT +7

ポイペト (Poipet, または、ポイペット) は、カンボジア西部にあるタイ王国との国境の町である。タイ側の都市アランヤプラテートと接している。

カンボジアの首都プノンペンと、タイの首都バンコクなど両国の中心部を陸路で行き来する際のキー・ポイントであり、2019年4月には両国を結ぶ鉄道路線が再開通した[1]。隣接するタイでは違法であるギャンブルの目的地として人気がある。カジノホテルの一部はタイとカンボジアの出入国審査場の間にあり、それゆえタイ側から訪れた人はカンボジアの出入国管理を行う必要なくカンボジアでギャンブルをすることができる。

カンボジア内戦期はクメール・ルージュポル・ポト派)の拠点であった。和平後の経済復興では上記のカジノが原動力になったが、タイの製造業で人手不足や賃金上昇が進んだことから、日系企業を中心に工場の進出が相次いでおり、豊田通商工業団地「テクノパーク・ポイペト」を2017年開設した。人口は10万人を超えている[2]。2019年12月9日には、プノンペン経済特区社による経済特区も新設された。人件費が高いタイから製造業の移転を見込む「タイ+1」の企業進出を見込んでいる[3]

交通[編集]

カンボジア側から見た、カンボジアの入国審査カウンター。

前述の鉄道以外では、シェムリアップバッタンバン方面へバスが運行されている。タイのバンコクから、カジノ利用客向けに送迎バスが運行されている。

脚注[編集]

  1. ^ 「45年ぶりにタイ直通鉄道が開通、カンボジア国境の町ルポ」日経ビジネスサイト(2019年5月13日)2020年1月15日閲覧
  2. ^ 「かつて内戦の地、国際分業の要に/カンボジア・ポイペトで豊田通商が工業団地/南部経済回廊、人件費安く」『日本経済新聞』朝刊2017年12月9日(アジアBiz面)2020年2月15日閲覧
  3. ^ タイ国境に経済特区「タイ+1」ニーズで カンボジア系日本経済新聞ニュースサイト(2019年12月9日)2020年1月15日閲覧

関連項目[編集]