ボーイング・ヘリコプターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ボーイング・ヘリコプターズ
業種 航空機産業
前身 パイアセッキ・ヘリコプター
後継 ボーイング・ロータークラフト・システムズ
設立 1940年
本部 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ペンシルベニア州リドリー・パーク
製品 回転翼機
株主 ボーイング

ボーイング・ヘリコプターズBoeing Helicopters)はかつて存在した会社でアメリカ合衆国の大手航空機メーカーであるボーイング持株会社である、ボーイングのヘリコプター部門であった。現在はボーイング防衛・宇宙・セキュリティ(BDS)のボーイング・ミリタリー・エアクラフト(BMA)ビジネスユニットの一部となっている。 主にヘリコプターを開発や製造の対象としているが、他に鉄道車両の開発や製造も行っている。フィラデルフィアペンシルベニア州リドリー・タウンシップアリゾナ州メサに工場を構える。

歴史[編集]

もともとは、アメリカのヘリコプターメーカーであったパイアセッキ・ヘリコプターが、現在のボーイング・ヘリコプターズの発端であり、創業者のフランク・パイアセッキが1956年に新たにパイアセッキ・エアクラフトを設立したのでパイアセッキヘリコプターは1956年にバートルに社名を変更して1960年のボーイングによるバートルの買収によって、バートルはボーイングのヘリコプター部門であるボーイング・バートル (Boeing Vertol)となった。しかしバートルは、後に完全にボーイングに吸収され、1987年にボーイング・ヘリコプターズに改称され、1997年にボーイングはマクドネル・ダグラスを買収し、ボーイングカンパニー・イン・フィラデルフィアに改名された[1]

2002年にボーイングIDSに統合され、ボーイング・ロータークラフト・イン・フィラデルフィア[2]ボーイング・ロータークラフト・システムズと改名された。旧バートル製品も、ボーイング・ロータークラフト・システムズが管理している。マクドネル・ダグラスのヘリコプター部門であったMDヘリコプターズの製造していたヘリコプターの管理も行っている。

なお、バートルの英語表記Vertolは、Vertical takeoff and landing からの造語である[3]

主な製品[編集]

CH-47 チヌーク
V-22 オスプレイ
回転翼機
鉄道車両

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]