ボビーZ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ボビーZ
The Death and Life of Bobby Z
監督 ジョン・ハーツフェルド
脚本 ボブ・クラコワー
アレン・ローレンス
原作 ドン・ウィンズロウ
製作 ピーター・シュレッセル
マット・ルーバー
製作総指揮 キース・サンプルズ
出演者 ポール・ウォーカー
ローレンス・フィッシュバーン
音楽 ティム・ジョーンズ
撮影 アラン・ジャクボヴィッツ
配給 アメリカ合衆国の旗 MGM
日本の旗 SPE
公開 アメリカ合衆国の旗 2007年5月3日
日本の旗 2007年11月17日
上映時間 96分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $8,000,000
興行収入 $413,454[1]
テンプレートを表示

ボビーZ』(原題: The Death and Life of Bobby Z)は、2007年アメリカで公開されたアクション映画ドン・ウィンズロウの小説『ボビーZの気怠く優雅な人生』(原題は同じくThe Death and Life of Bobby Z)を原作にしている。

ストーリー[編集]

ティム・カーニーはコンビニに行った友人を車で待っていた。コンビニから友人が戻ってきたが、なんと友人はコンビニ強盗をしていたのだった。ティム・カーニーは強盗の共犯として逮捕され、矯正プログラムとして海兵隊に入れられる。ところが、理不尽な上官に暴力を振るってしまい、今度は刑務所に入れられてしまう。さらに、刑務所で暴走族ギャングのいじめに挑戦しそのリーダーを殺害してしまう。これにより、暴走族ギャングからの報復に怯えなけらばならなくなったと同時に、三振法(三回有罪となると無期懲役となるという法律)で無期懲役となってしまった。そんな彼の前に麻薬取締局のクルーズ捜査官が現れ、囮捜査に協力すれば罪を帳消しにするという驚きの提案を持ちかける。これを承諾したカーニーだったが、その囮捜査とは伝説の麻薬ディーラー「ボビーZ」になりすまして、メキシコの麻薬ディーラーと取引きをするという危険なものだった。カーニーは一か八か、この危険な賭けに挑むのだが、取引現場で何故かクルーズ捜査官がカーニーを狙撃するのであった。狙撃をかわしたカーニーは麻薬ディーラーたちにメキシコのアジトに連れて行かれる。麻薬ディーラーたちにボビーZの偽物とばれないようにカーニーは振る舞うが、「麻薬ディーラーのボスはアジトに戻ってきたらボビーZを殺そうとしている」とボビーZの情婦から聞かされアジトを逃亡する。彼は、カーニーとして刑務所で殺した暴走族ギャングの仲間、ボビーZとして麻薬ディーラー、そしてボビーZの身代わりとしてクルーズ捜査官と、多方面から命を狙われることになってしまう。カーニーは決死の逃避行をどうやって切り抜けるのか。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ティム・カーニー ポール・ウォーカー 森川智之
タッド・クルーズ ローレンス・フィッシュバーン 石塚運昇
ボビーZ ジェイソン・ルイス 藤井啓輔
エリザベス オリヴィア・ワイルド 佐古真弓
ジョンソン キース・キャラダイン 浦山迅
ブライアン ジェイソン・フレミング
ドン・ワテロ ジョアキム・デ・アルメイダ 有本欽隆
キット J・R・ビリャレアル 相田さやか
モンク ジョシュ・スチュワート 加瀬康之
ブンブン M・C・ゲイニー 斎藤志郎
マッドドッグ チャック・リデル 江川央生
ヒッピー語り手 ブルース・ダーン

出典[編集]

  1. ^ The Death and Life of Bobby Z” (英語). Box Office Mojo. 2011年10月29日閲覧。

外部リンク[編集]