ボツフィヨール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ボツフィヨール市
Båtsfjord kommune
Batsfjord-1.jpg
ボツフィヨール市の市章
市章
位置
フィンマルク県の位置の位置図
フィンマルク県の位置
ボツフィヨールの位置の位置図
ボツフィヨールの位置
座標 : 北緯70度29分31秒 東経29度56分20秒 / 北緯70.49194度 東経29.93889度 / 70.49194; 29.93889
行政
 ノルウェー
  フィンマルク県の旗 フィンマルク県
 市 ボツフィヨール市
首長 ガイル・クヌートセン(2011年 - )
労働党
地理
面積  
  市域 1,433.21 km2
    陸上   1,419.77 km2
    水面   13.44 km2
人口
人口 (2011年現在)
  市域 2,071人
その他
等時帯 CET (UTC+1)
夏時間 CEST (UTC+2)
ノルウェー統計局のサイトより
公式ウェブサイト : www.batsfjord.kommune.no/

ボツフィヨールノルウェー語: Båtsfjord)は、ノルウェーフィンマルク県にある基礎自治体(以下、本稿では便宜上「市」と表記する)。行政の中心地はボツフィヨール村である。

ボツフィヨール村

1868年にヴァードーからヴァードー・ヘレ(ヴァードー農村地域)として分立し、1957年にボツフィヨールに改称された。半島の北東部分は1964年1月1日にヴァードーへ返還された。

アメリカのテレビアニメ「メタロカリプス」の第一回 The Curse of DethKlok の舞台になった。

基礎情報[編集]

地名[編集]

地名は古ノルド語で「フィヨルドの奥」という意味の Botnsfjorðr からきている。

紋章[編集]

現在の紋章は1985年4月19日に制定された。この地域における漁業ならびに水産加工業の重要性を表すため、釣り針が描かれている。針の形状はこの地で出土した石器時代のものを模した[1]

地理[編集]

ヴァランゲル半島英語版の北東部に位置する。かつては不毛な沿岸部に複数の村があったが、後に入り江のボツフィヨルド町に集約された。近年ではボツフィヨルド空港が開港し、港に沿岸急行船「フッティルーテン」も停泊する予定。

ハムニングベルグ

海沿いにはハムニングベルグという廃漁村がある。村の木造住宅は多くが19世紀に建てられたが、第二次世界大戦の空襲を免れたため今でもよく保存されており、人気の観光スポットになっている。夏には滞在もできる。

市内には県内最高峰のオルド山 (400m) がある。また、シルテフィヨールズタウランには世界最北のカツオドリの営巣地がある。その数は1961年の2羽から次第に増え、今では300つがい以上が生息している。

脚注[編集]

  1. ^ Norske Kommunevåpen (1990年). “Nye kommunevåbener i Norden”. 2008年12月8日閲覧。