ボシー・バンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ボシー・バンド
The Bothy Band
ジャンル アイルランド伝統音楽ケルト音楽、民俗音楽
活動期間 1974年 (1974)1978年
レーベル ゲール=リン・レコード(en:Gael-Linn Records
旧メンバー パディ・グラッキン
トニー・マクマホン(en:Tony MacMahon
マット・モロイ
パディ・キーナン
ドーナル・ラニー
トリーナ・ニ・ゴーナル(en:Tríona Ní Dhomhnaill
ミホール・オ・ドーナル(en:Mícheál Ó Domhnaill
トミー・ピープルズ
ケヴィン・バーク

ボシー・バンド(The Bothy Band) は1970年代半ばに活動したアイルランド伝統音楽バンドである。アイルランド伝統音楽を演奏する最も影響を与えたバンドの1つとの評価をすぐに手にした。その技術的に裏付けされた熱い音楽は、1979年の解散の後もアイルランド伝統音楽の動きに意義深い影響を与え続けた[1]

歴史[編集]

ボシー・バンドは1975年にブズーキ奏者のドーナル・ラニーによって、彼が自分自身のレコード会社マリガン・レコード(Mulligan Records)を立ち上げるためにプランクシティ(en:Planxty)を脱退した後に結成された。ラニーは新しいレーベルの初期のプロジェクトのため、イリアン・パイプス奏者 パディ・キーナンフルートおよびホイッスル奏者 マット・モロイフィドル奏者 パディ・グラッキン、そしてアコーディオン奏者 トニー・マクマホン(en:Tony MacMahon)を招いた。ほどなくアイルランド伝統音楽グループ スカラ・ブレイ(en:Skara Brae (band))に参加している兄妹、アコースティックギター奏者のミホール・オ・ドーナル(en:Mícheál Ó Domhnaill)、クラビネットとヴォーカルのトリーナ・ニ・ゴーナル(en:Tríona Ní Dhomhnaill)が加わった。 当初このグループは Seachtar (ゲール語で数字の 7 の意味)と呼ばれていたが、トニー・マクマホンがBBCでプロデューサーとして勤務するため脱退した後にミホール・オ・ドーナルによって改名された。ボシー・バンドは1975年2月2日にトリニティ・カレッジ (ダブリン大学)でデビューした[1]

1975年にボシー・バンドはバンドと同じ名前のファーストアルバムをマリガン・レコード(アイルランド国内のみ。アメリカでは グリーン・リネット、イギリスでは ポリドール・レコード)からリリースし、決定的な賞賛を受けてアイルランド伝統音楽における重大な影響力を持つとの評価を築いた。1976年に彼らはセカンドアルバムOld Hag You Have Killed Meをリリースし、やはり大きな賞賛を受けて彼らのファンを広げた。1977年に彼らはおそらく最後となるスタジオ録音のアルバムOut of the Wind – Into the Sunを収録した。1979年にボシー・バンドはライヴアルバムAfter Hours (Live in Paris)をリリースした。

4年のうちに、ボシー・バンドは様々なフィドル奏者を迎えた。初代のパディ・グラッキンは、デビューアルバム前にドニゴールのフィドル奏者 トミー・ピープルズに交代している。次のピープルズは、2枚目のアルバムの前にスライゴースタイルのフィドル奏者 ケヴィン・バークに交代した[1]


1979年の解散の後、メンバーはアイルランド伝統音楽の動きに影響のある音楽的な役割を演じ続けた。ドーナル・ラニーはプランクシティに戻り、そしてのちにケルティック・ロック・バンド ムーヴィング・ハーツ(en:Moving Hearts)の結成を促した。彼はレコーディングプロデューサーとして働き続け、そしてのちに モザイクを結成し、2004年と2007年に2つのアルバムをリリースしている。マット・モロイは国際的に著名なアンサンブル チーフタンズ に参加し、ケヴィン・バークはミホール・オ・ドーナルとのデュオを含むいくつかの単独活動を経て、ジャッキー・デイリー(en:Jackie Daly、デ・ダナン(en:De Dannan)の元メンバー)やアンディ・アーヴァイン (en:Andy Irvine (musician)、プランクシティの元メンバー)と共にバンド パトリック・ストリート(en:Patrick Street)を設立した。ミホール・オ・ドーナルとトリーナ・ニ・ゴーナルは成功したグループ レラティヴィティ(Relativity)とナイトノイズを結成することになった[1]

1994年、それまでリリースされなかった1970年代からのコンサート録音がBBC Radio One – The Bothy Band Live in Concertとしてリリースされた。これは1976年7月15日にBBC パリ劇場(en:Paris Theatre、ロンドン)、および1978年7月24日にナショナル・シアター([http://www.arthurlloyd.co.uk/KilburnTheatres.htm National Theatre、ロンドン キルバーン(Kilburn))で収録された2つのロンドンでのライヴ音源をまとめたものである[1][2]

2006年7月のミホール・オ・ドーナルの死の後、残ったボシー・バンドのメンバーは2007年5月24日にダブリンのヴァイカー・ストリート(en:Vicar Street)で開催された追悼コンサート "Ómós- A Gig for Mícheál"(Ómósはゲール語で「追悼」の意味)で一堂に会した。このコンサートの売上は全てアイリッシュ・トラディショナル・ミュージック・アーカイヴ(en:Irish Traditional Music Archive)に寄付された[3]

ディスコグラフィー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Harris, Craig. “The Bothy Band Biography”. Allmusic. 2011年9月12日閲覧。
  2. ^ a b Harris, Craig. “The Bothy Band Discography”. Allmusic. 2011年9月12日閲覧。
  3. ^ Ómós — A Gig For Mícheál, Thesession.org