ホーヴゴーデン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
世界遺産 ビルカとホーヴゴーデン
スウェーデン
アデルスユー島の古城の遺構
アデルスユー島の古城の遺構
英名 Birka and Hovgården
仏名 Birka et Hovgården
面積 ホーヴゴーデンの登録範囲 23.071 ha
登録区分 文化遺産
登録基準 (3), (4)
登録年 1993年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
使用方法表示

ホーヴゴーデンは、スウェーデンメーラレン湖に浮かぶアデルスユー島Adelsö)に残る遺跡。この島はヴァイキング10世紀から11世紀にかけて占領し、スウェーデン王国の王領地のネットワークであるUppsala ödに含まれていた。ホーヴゴーデンは王宮の所在地として、隣のビョルケー島の貿易拠点ビルカを見渡す行政上の中心地でもあった。ホーヴゴーデンにはバイキング時代以来の数千に及ぶ墓所があり、農民たちだけでなく、歴代の王族や豪族のもある。

Alsnöhus城と教会が中世に建造され、1279年には封建制度が確立した。

世界遺産[編集]

ホーヴゴーデンは、同じくメーラレン湖に浮かぶビルカとともに、1993年にユネスコ世界遺産に登録された。ビルカはホーヴゴーデン同様ヴァイキング時代の遺跡が残るほか、831年に聖アンスガル(St Ansgar)が建造したというスウェーデン最古のキリスト教集会所の遺跡が残っている。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。