ホロン (哲学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ホロンHolon)とは、古典ギリシア語で「全体」を意味する形容詞名詞 ὅλος holos中性形アリストテレス形而上学』などでも言及される。

そこから派生して、哲学者アーサー・ケストラー1967年の著作『機械の中の幽霊』("The Ghost in the Machine")の中で造語的に用いて重要視した概念で、物の構造を表す概念。部分であるが、全体としての性質も持ち、上下のヒエラルキー調和し、機能する単位。全体を構成する要素がそれ自体、全体としての構造をもつ場合の、要素(部分)としてのひとつの全体。全体子とも言う。例えば、人体という全体を構成する要素(部分)である細胞も、各々全体としての構造、機能をもっており、ホロンであると言える。

参考文献[編集]

  • Arthur Koestler (1967). The Ghost in the Machine. Hutchinson. ISBN 0140191925 アーサー・ケストラー『機械の中の幽霊』日高敏隆長野敬訳、ぺりかん社、1984年、新装版。ISBN 4-8315-0056-9
  • Arthur Koestler (1978). Janus. ISBN 0330258427 アーサー・ケストラー『ホロン革命』田中三彦吉岡佳子訳、工作舎、1983年。ISBN 4-87502-091-0

関連項目[編集]

外部リンク[編集]