ホセ・コマス・ソラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョゼップ(ホセ)・コマス・イ・ソラ

ホセ・コマス・イ・ソラスペイン語表記:José Comas y Solá、1868年12月19日1937年12月2日)はスペインカタルーニャ)の天文学者である。カタルーニャ語での表記はジョゼップ・コマス・イ・ソラ(Josep Comas i Solà)となる。バルセロナ出身。

火星土星などの惑星の観測を行い、土星の自転周期の測定をおこなった。一般向けの天文学の著書もあり、米州スペイン天文協会(Sociedad Astrónomica de España y América)の初代会長を務めた。この団体は、彼が発見した小惑星(1626)Sadeyaの由来ともなっている。1904年に設立されたファブラ天文台の監督に就任した。

周期彗星 32P/コマス・ソラ彗星を発見し、非周期彗星C/1925 F1 (Shajn-Comas Sola)の共同発見者であり、11個の小惑星を発見した[1]

1908年に土星の衛星タイタンに大気のある証拠となる周縁減光が観測されたことを報告した[2]

小惑星(1102)ペピータ (Pepita)はコマス・ソラの愛称形から[3]、(1655)コマス・ソラは自身の名から命名されている[4]

脚注[編集]

  1. ^ Minor Planet Discoverers”. MPC. 2021年7月13日閲覧。
  2. ^ Lucy-Ann McFadden; Torrence Johnson; Paul Weissman (2007). Encyclopedia of the Solar System (2 ed.). Academic Press. p. 467. ISBN 9780120885893 
  3. ^ (1102) Pepita = 1899 KB = 1928 VA = 1960 WQ”. MPC. 2021年7月13日閲覧。
  4. ^ (1655) Comas Sola = 1901 VG = 1929 WC1 = 1929 WG = 1958 BG”. MPC. 2021年7月13日閲覧。

外部リンク[編集]