ホセ・エルナンデス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ホセ・エルナンデス
José Hernández
José Hernández.jpg
誕生 1834年11月10日
アルゼンチンの旗 アルゼンチンブエノスアイレス州
死没 (1886-10-21) 1886年10月21日(51歳没)
アルゼンチンの旗 アルゼンチン、ベルグラーノ近郊
職業 詩人ジャーナリスト軍人政治家
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
代表作 『エル・ガウチョ・マルティン・フィエロ』、『マルティン・フィエロの帰還』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ホセ・エルナンデスJosé Hernández1834年11月10日 - 1886年10月21日)は、アルゼンチン詩人ジャーナリスト軍人政治家である。ガウチョの生活風景を歌った詩文にして、ガウチョ文学英語版の最高峰、「アルゼンチンの聖書」とも呼ばれ、アルゼンチンの国民文学と称される『マルティン・フィエロ英語版』(Martín Fierro)の著者として知られる。

生涯[編集]

スペインアイルランドフランスの血を引くエルナンデスは、1834年11月10日、ブエノスアイレス州大農場に生まれる。アルゼンチン、ウルグアイの内戦への参加、新聞記者を経て、新聞「エル・リオ・デ・ラ・プラタ」紙を設立。ガウチョ社会保護と、ホセ・ヘルバシオ・アルティーガス英語版連邦同盟の流れを引く連邦派の観点から、地方自治を基盤とした連邦共和制を訴える。また、最新のヨーロッパ文化の導入を進める一方、伝統的なガウチョ文化に否定的だった時の大統領ドミンゴ・ファウスティーノ・サルミエント英語版の政策を批判する記事を多数書き、さらには反乱軍を組織したため、弾圧されブラジルへ亡命する。

1872年に社会的弱者であるガウチョの視点、ガウチョが語る形式で『エル・ガウチョ・マルティン・フィエロ』を執筆。その後、ウルグアイで亡命し、サルミエントの影響力が弱まった後の1875年にアルゼンチンに帰国。1879年には『マルティン・フィエロの帰還』が出版された。帰国後は上院議員としても活躍する。1886年10月21日に心臓病で死去。51歳[1]

作品[編集]

脚注[編集]