ベーンケ=シュタインの定理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

数学の、特に多変数複素函数の分野におけるベーンケ=シュタインの定理(ベーンケ=シュタインのていり、: Behnke–Stein theorem)とは、正則領域の増加列 (すなわち を満たすもの)は再び正則領域であることを述べた定理である。

この定理は、増加擬凸領域の合併が再び擬凸である事実と関係し、その事実とレヴィ問題によって証明することが出来る。しかし歴史的に見ると、この定理は実際はレヴィ問題を解くために用いられていた。

脚注[編集]

この記事は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス 表示-継承 3.0 非移植のもと提供されているオンライン数学辞典『PlanetMath』の項目Behnke-Stein theoremの本文を含む