ベールクト宇宙服

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ベルクート宇宙服

ベールクト宇宙服(ベールクトうちゅうふく、ロシア語:Скафандр Беркутスカファンドル・ビェールクト)はボスホート2号ミッションによる世界初の宇宙遊泳に使用された宇宙服。NPP ズヴェズダが1964年、65年に開発した。SK-1宇宙服の改良型で、ボスホート2号のクルーのみが使用した。

性能[編集]

この宇宙服は2つの圧力設定(0.27 atm, 0.40 atm)が可能だった。生命維持装置はバックパックに収納しており、45分間の活動に必要な、十分な量の酸素を供給出来た。宇宙服を着た状態での運動は著しく制限された。

アレクセイ・レオーノフ宇宙遊泳を行った際には気圧が上がりすぎて服全体が膨張し、手を握ることも出来ず、エアロックを通って船内に戻ることが出来なくなったため、与圧バルブを開いて空気を逃がして漸く事なきを得た。

  • 用途 : 船内活動(IVA)、および船外活動(EVA)[1]
  • 運用時の圧力: : 400 hPa[1]
  • 服の重量 : 20 kg[1]
  • バックパックの重量 : 21.5 kg[1]
  • 合計重量 : 41.5 kg[1]
  • 生命維持 : 45分[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f Russian Spacesuits. Chichester, UK: Praxis Publishing Ltd.. (2003). ISBN 1-85233-732-X. http://books.google.com/books?id=f7pZosHqkbEC&dq=S-901J+suit&source=gbs_navlinks_s 

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]