ベンズアントロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ベンズアントロン
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 82-05-3 チェック
ChemSpider 6442 チェック
特性
化学式 C17H10O
モル質量 230.26 g mol−1
融点

170 °C

への溶解度 不溶
危険性
Sフレーズ S24 S25 S26 S28A S37 S39 S45
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ベンズアントロン (benzanthrone, BZA) は、芳香族ケトンの一種で、アントラキノンにもう一個のベンゼン環が縮合した構造を持ち、アントラキノン染料の染料中間体として用いられる有機化合物である。黄色から緑がかった茶色の粉末で蛍光性を示す。融点は 170 °Cには不溶だがエタノールには溶ける。

用途[編集]

増感剤、電子輸送剤として用いられる。

花火の製造にて、緑色や黄色の有色煙を出すために用いられる。

関連項目[編集]