増感剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

増感剤(ぞうかんざい、sensitizer)は、医学、薬学、化学で用いられる用語で、増感作用を示す薬剤や物質を指す。ある作用の対象となる細胞や物質の反応性を高めるために、添加物として加えられる薬剤や物質のこと。以下のようなものが存在する。