ベンジルペニシリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Penicillin G
Penicillin-G.svg
Penicillin-G 3D.png
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
Drugs.com Micromedex Detailed Consumer Information
MedlinePlus a685013
胎児危険度分類
  • US: B
法的規制
  • (Prescription only)
投与方法 非経口
薬物動態データ
血漿タンパク結合 60%
代謝 肝臓
半減期 30分
排泄 腎臓
識別
CAS番号
61-33-6 (free acid)
69-57-8 (ナトリウム塩)
ATCコード J01CE01 (WHO) S01AA14 (WHO)QJ51CE01 (WHO)
PubChem CID: 5904
DrugBank DB01053
ChemSpider 5693
UNII Q42T66VG0C
KEGG D02336
ChEBI CHEBI:18208
ChEMBL CHEMBL29
化学的データ
化学式 C16H18N2O4S
分子量 334.4 g/mol

ベンジルペニシリン(benzylpenicillin)は、最も質の高い(ゴールド・スタンダード英語版ペニシリンの一種である。一般的にはペニシリンGとして知られている。ペニシリンGは胃の塩酸に対して不安定であるため、通常非経口経路で投与される。非経口で投与されるため、フェノキシメチルペニシリン (Phenoxymethylpenicillinよりも高い組織内濃度(つまり抗微生物活性)を達成可能である。

医学的用途[編集]

ベンジルペニシリンの適応は以下のものがある[1]

副作用[編集]

副作用としてはショック、溶血性貧血、無顆粒球症、急性腎不全等の重篤な腎障害、痙攣等の神経症状、偽膜性大腸炎等の血便を伴う重篤な大腸炎、中毒性表皮壊死融解症、出血性膀胱炎を稀に、発熱、発疹、蕁麻疹、好酸球増多、顆粒球減少、血小板減少、貧血、AST(GOT)上昇、血管痛、静脈炎がある[2]

毒性[編集]

ベンジルペニシリンの血清濃度は昔ながらの微生物学的測定法あるいはより新しいクロマトグラフィー技術によって観察できる。こういった測定は習慣的に高用量の薬剤を投与される患者において中枢神経系毒性を避けるために有用であるが、この毒性は尿中排せつ速度の低下のために薬剤が濃縮されてしまう腎傷害の患者と特に関連がある[3][4]

公定地位[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Rossi S, ed. (2006), Australian Medicines Handbook, Adelaide: Australian Medicines Handbook, ISBN 0-9757919-2-3 
  2. ^ ベンジルペニシリンカリウム”. 2015年9月14日閲覧。
  3. ^ Fossieck B Jr, Parker RH (1974年). “Neurotoxicity during intravenous infusion of penicillin. A review”. J. Clin. Pharmacol. 14 (10): 504-512. PMID 4610013. 
  4. ^ R. Baselt (2008). Disposition of Toxic Drugs and Chemicals in Man (8th edition ed.). Foster City, CA: Biomedical Publications. pp. pp. 1195-1196. ISBN 978-0-9626523-7-0. 
  5. ^ British Pharmacopoeia Commission Secretariat. “Index (BP 2009)”. 2010年3月26日閲覧。