ベンジル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ベンジル
ベンジルの構造式
IUPAC名ジフェニルエタンジオン
別名ジベンゾイル
分子式C14H10O2
分子量210.23
CAS登録番号[134-81-6]
形状黄色の結晶もしくは粉末
密度1.23 g/cm3, 固体
融点94–95 °C
沸点346–348 °C
SMILESO=C(C(=O)c1ccccc1)c2ccccc2

ベンジル (benzil) とは、有機化合物の一種で、構造式が C6H5-C(=O)-C(=O)-C6H5 と表される芳香族のジケトンのこと。


ベンジルを研究室で合成するときは、ベンズアルデヒドベンゾイン縮合によりベンゾインとしてから、硝酸あるいは硫酸銅(II) などで酸化して得る[1]

PhC(=O)CH(OH)Ph + 2 Cu2+ → PhC(=O)C(=O)Ph + 2 H+ + 2 Cu+


ベンジルに強塩基を作用させると、フェニル基の転位が起こりベンジル酸の塩が得られる(ベンジル酸転位)。

ベンジル酸転位


ベンジル基 (benzyl group, C6H5CH2-)、ベンジル酸 (benzilic acid) と名前が似るが、異なる構造、化合物である。

参考文献[編集]

  1. ^ Clarke, H. T.; Dreger. E. E. Org. Synth., Coll. Vol. 1, p. 87 (1941). [1]