ベンザチンベンジルペニシリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ベンザチンベンジルペニシリン
Benzylpenicillin-Benzathin Structural Formula V.1.svg
成分一覧
Benzylpenicillin antibiotic
Benzathine stabilizer
臨床データ
販売名 Bicillin L-A,[1] Permapen, others
Drugs.com
ライセンス US Daily Med:リンク
胎児危険度分類
  • AU: A
  • US: N
法的規制
投与方法 Intramuscular
識別
CAS番号
41372-02-5 ×
ATCコード J01CE08 (WHO)
PubChem CID: 15232
DrugBank DB01053 チェック
ChemSpider 14498 ×
UNII RIT82F58GK ×
KEGG D02157  ×
ChEBI CHEBI:51352 ×
ChEMBL CHEMBL3989515 ×
テンプレートを表示

ベンザチンベンジルペニシリン(Benzathine benzylpenicillin)は、ベンザチンペニシリンG(Benzathine penicillin G)としても知られている、いくつかの細菌感染症の治療に有用な抗生物質である[2]。具体的には、咽頭炎ジフテリア梅毒フランペジアの治療に用いられる[3][2]。また、リウマチ熱の予防にも用いられる[3]。投与法は筋肉注射である[3]

副作用は、アナフィラキシーなどのアレルギー反応や注射部位の痛みなどである[3]。梅毒の治療に使用すると、ヤーリッシュ・ヘルクスハイマー反応を起こすことがある[3]ペニシリンアレルギーの既往歴のある人や神経系の梅毒に罹患している人への投与は推奨されない[3][2]妊娠中の人への投与は一般的に安全とされる[2]。ベンザチンベンジルペニシリンはペニシリンβ-ラクタムに分類される医薬品であり、ベンジルペニシリンを介して機能する[2][3]ベンザチン成分はペニシリンをゆっくりと放出し、組み合わせにより長時間作用させる[4]

ベンザチンベンジルペニシリンは1950年に特許を取得[5][6]WHO必須医薬品モデル・リストに収載されている[7]

出典[編集]

  1. ^ Hamilton, Richart (2015). Tarascon Pocket Pharmacopoeia 2015 Deluxe Lab-Coat Edition. Jones & Bartlett Learning. p. 94. ISBN 9781284057560 
  2. ^ a b c d e Penicillin G Benzathine (Professional Patient Advice) - Drugs.com”. www.drugs.com. 2016年12月10日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g WHO Model Formulary 2008. World Health Organization. (2009). pp. 98, 104. ISBN 9789241547659 
  4. ^ Ebadi, Manuchair (2007) (英語). Desk Reference of Clinical Pharmacology, Second Edition (2 ed.). CRC Press. p. 555. ISBN 9781420047448. https://books.google.com/books?id=ihxyHbnj3qYC&pg=PA555 
  5. ^ Engel, Jürgen; Kleemann, Axel; Kutscher, Bernhard; Reichert, Dietmar (2014) (英語). Pharmaceutical Substances, 5th Edition, 2009: Syntheses, Patents and Applications of the most relevant APIs (5 ed.). Georg Thieme Verlag. p. 134. ISBN 9783131792754. https://books.google.com/books?id=4lCGAwAAQBAJ&pg=PA134 
  6. ^ US patent 2627491, Joseph Lester Szabo & William F Bruce, "Penicillin salts of substituted alkylene diamines", published 1953-02-03, issued 1953-02-03, assigned to Wyeth LLC and Wyeth Inc 
  7. ^ World Health Organization model list of essential medicines: 21st list 2019. Geneva: World Health Organization. (2019). WHO/MVP/EMP/IAU/2019.06. License: CC BY-NC-SA 3.0 IGO